7月 11 2009

週間展望のお知らせ

 昨日の夜間取引の下げは凄まじかったですね。
 個人的には上手く行っているので良しですが、この下げで取られている方々が相当多いと思います。そこで・・・

週間展望が完成致しました。

 来週の推奨銘柄もございますので、相場で迷っている方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にこちらから無料会員登録をしておいて下さい。皆様のお役に立てたら幸いです。
 尚、無料会員登録をされた方へは下記情報を1週間させて頂きます。

 1) 日々抵抗値や推奨銘柄をメールにて送信
 2) 1週間に1度週間展望をメールにて送信
 3) 火曜の18~20時・木曜12~13時に電話相談
 4) 必要な方へは岡地のウィークリーや業界紙を郵送
 5) パソコンが苦手な方へはFAXにて1)と2)を送信

 上記内容を1週間お送りさせて頂きますので、必要な方がいらっしゃいましたらこちらで登録しておいて下さい。

 来週も頑張って参りますので宜しくお願い致します。
 皆様良き週末をお過ごし下さい。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

7月 11 2009

7月10日付 農務省発表

需給報告です。()は前月見通し。

 (コーン)

  作付面積 8700万エーカー(8500万エーカー)
  単収   153.4bu(同)
  供給合計 140億7500万bu(135億5000万bu)
  消費合計 125億2500万bu(124億6000万bu)
  期末在庫 15億5000万bu(10億9000万bu)
  在庫率  12.4%(8.7%)

 (大豆)

  作付面積 7750万エーカー(7600万エーカー)
  単収   42.6bu(同)
  供給合計 33億8000万bu(33億1700万bu)
  消費合計 31億3000万bu(31億700万bu)
  期末在庫 2億5000万bu(2億1000万bu)
  在庫率  8%(6.8%)

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

7月 11 2009

7月7日現在 海外大口投機家建玉状況

 7月7日現在の大口投機家の建玉状況は下記の通り。()は前週内容。

(工業品)
 金・・・164,144枚買い越し(164,186枚買い越し)
 銀・・・24,126枚買い越し(24,778枚買い越し)
 白金・・・10,123枚買い越し(9,985枚買い越し)
 パラ・・・8,676枚買い越し(8,927枚買い越し)
 ガソ・・・43,483枚買い越し(51,566枚買い越し)

(穀物・ソフト系)
 コーン・・・85,508枚買い越し(119,775枚買い越し)
 大豆・・・104,553枚買い越し(116,459枚買い越し)
 コーヒー・・・11,746枚買い越し(13,748枚買い越し)
 粗糖・・・207,982枚買い越し(214,810枚買い越し)

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

7月 11 2009

7月11日 外電から

<通貨・株式>
ドルは下落。考えていた92.58円や、週足レンジ下値で見ていた93.28円を割ったままで週末を締めて、来週も下値追いの週となりそうです。又、ユーロは下げるも、週足一目均衡表の雲の中を推移しており、下げに対して抵抗を出しています。来週そこを維持出来たら面白そうですね。
 ダウはじり安となるも、実線では今週の安値を下抜きました。考えていた週足下値抵抗の8048.09ドル以上は維持していますので、判断のし難い所です。
 
<工業品>
 考えていた下値抵抗を抜けてしまったのはシルバーのみでした。株式の大幅安を睨んでか?
 金は横這い。昨日の夜間の下げは凄かったですね。内外戻り売り方針で。
 プラチナも横這い。国内は、昨日の夜間で直近の安値を下抜けました。ニューヨークは追随しませんでしたが、ここから下抜けて来ると一気に下げて来そうですね。日柄待ちで。
 ガソリンも横這い。国内は昨日の夜間取引の段階で新値抜きとなり、週明けこの流れを継続して引けるとかなり足取りが悪くなると見ています。

<穀物>
 需給報告です。()は前月見通し。
 (コーン)
  作付面積 8700万エーカー(8500万エーカー)
  単収   153.4bu(同)
  供給合計 140億7500万bu(135億5000万bu)
  消費合計 125億2500万bu(124億6000万bu)
  期末在庫 15億5000万bu(10億9000万bu)
  在庫率  12.4%(8.7%)
 (大豆)
  作付面積 7750万エーカー(7600万エーカー)
  単収   42.6bu(同)
  供給合計 33億8000万bu(33億1700万bu)
  消費合計 31億3000万bu(31億700万bu)
  期末在庫 2億5000万bu(2億1000万bu)
  在庫率  8%(6.8%)

 両市場弱材料視されました。
 大豆は新穀の生産高の見通しが過去最高となる事から、今後の単収向上がはやされた模様。しかしながら、生育シーズンにはまだ時期尚早から買戻しを誘った様です。
 コーンは大豆の戻りに追随。個人的には戻り売り方針で変わらず。

<ソフト系>
 コーヒー再び新値抜きです。4月の安値を完全に下抜きました。
 粗糖は上げるもレンジ内で、持ち合いを上へ抜けられるかがポイントです。個人的には後1日の揉み合いとなると見ています。  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。