12月 09 2009

12月9日 夜間取引から今晩を占う

<通貨・株式>
 ドルは5日線や週足レンジ下値を割って足取りが悪いですね。このラインには先週のギャップ87.31円があり、ここを試して来るかですね。今晩のNY市場にもこの辺りにギャップの87.49円があり、このラインを試しに来るかだと思っています。
 ユーロは、現在1.4750ドル辺りを推移中。今晩のレンジは1.4672~1.4813ドルで見ており、レンジ上値を抜いて来ると押し目完了の見方です。
 日経平均は135.75円安の10004.72円で取引を終了。5日線や先週のギャップを下抜いて嫌な形です。後は考えていた下値を維持したダウに注目。今晩のレンジは10223.01~10285.97ドルで見ており、下値を割った場合は下値追いとなりそうですので注意が必要です。

 
<工業品>
 夜間取引は全体的に小動きとなっています。
 金は、サーキットブレーカー(CB)となった割りに夜間で下げて来ませんね。現在のNY夜間も安値からは切り返しており、今晩2月限で1129.2ドル・1143.4ドル以上の陽線で引けると出直って来そうです。
 プラチナは本日の様な大陰線が立つと、揉み合いながら一旦戻るんですけどね。現在夜間取引ではプラスサイドとなっています。今晩のNY1月限が1438.34ドル以上の陽線となっていれば押し目完了の見方です。
 ガソリンは、考えていたレンジを下抜いて嫌な形です。これで内外の足取りは悪くなった様に感じています。今晩のNY1月限のレンジは186.65~193.30セントで見ており、レンジ下値で抵抗が見られるかが重要だと思っています。

<穀物>
 両市場足取りが悪いですね。
 今週大陽線となった一般大豆も、本日の下げで5日線や先週出来たギャップを下抜いて嫌な形です。この辺りには数多くの抵抗値段があるので注意が必要ですね。シカゴ1月限は、今晩から週末にかけてジリジリと切り返して来るかが重要だと感じており、今晩で1046㌣・1050㌣・1057.75セントを上抜いていれば可能性がありそうです。前者も上抜けない場合は一気に押し目形成相場となりそうです。
 コーンは、シカゴ3月限が若干切り返して引けましたが、国内は他商品安に伴って安いままでした。今晩のシカゴが確り切り返していれば買い安心感も出そうです。390.50セント以上となっていれば良さそうです。

<ソフト系>
 アラビカは下げるも5日線以上を維持した陽線となりました。今週出来たギャップ埋めとなったチャート付です。今晩オNY3月限が146.60セント以上となっていれば押し目完了で見ています。
 粗糖は先週の安値と面合わせです。NY3月限は少し足が悪くなって来ましたので、今晩22.37セントを上抜けるかが重要。下値抵抗は21.78セントで見ており、このラインを維持出来るかも重要だと思っています。

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 09 2009

12月9日 全面安

<通貨・株式>
 ドルは下落。ギリシャ2年物国債の急落、アラブ首長国連邦のドバイ首長国の政府系持ち株会社ドバイワールド傘下の不動産開発会社の上半期業績の赤字から、株安を背景にしたクロス円の上昇によるもの。独自抵抗の88.86円を下抜き、5日線も割ってしまう有様。ここからの介入警戒感が相場を下支えている様ですが、週足に注目しておきたい所です。
 ユーロも安く、11月の安値が視野に入っております。
 ダウは安くも独自抵抗ラインを維持。ここからの相場付が重要になりそうです。
 CRB指数は安くも50日線を維持した形。

<工業品>
 比較的確りしているのが白金族ですね。特にパラジウムは陽線で引けており、これにプラチナが追随出来るか?
 金は安く、25日線を割っている状態。押し目形成で変わらず。
 ガソリンは安く、揉み合い安値を更新中。今晩の在庫発表で、ガソリン在庫の減少予想から下げた模様。予想は150万バレルの増加予想。

<穀物>
 大豆は揉み合い。独自抵抗の1047セントを割っています。ブラジルの作付け進展・2009-10年の生産高の増加からも売られた要因となっております。未だレンジ内です。
 コーンは小確り。小麦も50日線で抵抗が出た形になっています。

<ソフト系>
 粗糖が独自抵抗の22.30セントを割って来ました。足取りが悪くなって来ました。
 コーヒーも安く、5日線を割った形になっております。今晩の相場付は重要になりそうです。

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。