1月 12 2010

1月12日 今晩の外電予想

 夜間取引がスタートし、本日盛り上がっていたプラチナが高くなっています。「2年前の高値って意からだっけ・・・?」と月足を拝見。7,427円だったんですね。そう考えると、まだぜんぜん安かった訳ですね。ここからも押し目買い一貫で追いかけましょう。

<通貨・株式>
 ドルは安く、本日考えていた抵抗値を上抜けずでしたが、いい所で髭での抵抗が出た様に感じました。今晩のドルは91.87円を割らない形になっていればマズマズです。
 ユーロは前日の上げが陽線であればいいのですが、2日前のギャップが1.4439ドルに空いており、ここを試しに掛かるかを見ておきましょう。上値抵抗は1.4572ドルで見ております。
 日経平均は80.82円高の10879.14円で取引を終了。新値抜きです。今晩のダウに注目です。

 
<工業品> 
 この時間でもプラスサイドを維持しているのは白金族です。
 プラチナは新値抜きです。今晩のNY4月限も新値抜きとなりそうですが、内外共に5日線と乖離しておりますので日柄調整が欲しい所です。
 金は昨年末の高値を抜いて来そうなチャート付ですね。今晩のNY2月限が1165ドルを上抜いて来ると内外良好で見ております。
 ガソリンは5日乖離分の日柄調整入りと見ております。内外5日線と25日線が随分と乖離して来ましたので、この辺りで調整入りして欲しいですね。今晩のNY2月限が5日線を維持出来るかがポイント。

<穀物>
 両市場マイナスサイドで引けました。 
 大豆は下げるも50日線以上は維持出来た形です。今晩のシカゴ3月限が1005.75セントを維持出来るかが重要だと考えています。
 コーンは安くも5日線を維持して引けました。内外5日線を維持しており、今晩のシカゴ3月限も維持出来るかがポイントです。今晩のレンジは414.50~426.25セントで見ております。

<ソフト系>
 アラビカは5日線を上抜き確りです。今晩のNY3月限が145.50セントを上抜くと出直りそうです。
 粗糖は終日ストップ安でしたね。今晩のNY3月限がボリンジャー中心線を維持出来るかがポイント。

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 12 2010

1月12日 39歳になりました。

 本日は私の39歳の誕生日です。後1年で40になります。自分ではその様な年になった実感がないですね。こうして年を取って行くものなのでしょうか?いい年の取り方をして行きたいですね。

 

<通貨・株式>
 ドルは安く、先日発表になった雇用統計の内容が悪かった為の下げとなっており、5日線や一目転換線を割って来ました。独自下値抵抗の92.03円は維持。日本時間で92.20円を上抜けるかがポイント。
 ユーロは高く、昨年半ばのギャップである1.4502ドル上抜いております。
 ダウは高く、新値抜きとなっております。本日の日経平均も高そうですね。
 CRB指数は安く、5日線を割ってやや足取りが悪いですね。25日線辺りまであるのかな?

 

<工業品>
 金2月限は高く、この日に考えていた1160.3ドルを上抜いております。一目雲上限が視野に入って来ました。
 プラチナ4月限は高く、新値抜きになっております。白金族のETFが好調な事や、中国の自動車需要が世界1位になった事が要因です。
 ガソリン2月限は安くも、この日に考えていた下値213.7セントを維持。出来高も随分増加しておりますね。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。

 

(コーン)
 2057万9000bu(2200万~3200万bu)
  主な成約先・・・日本826.0万bu メキシコ361.2万bu

(大豆)
 4102万1000bu(4000万~4500万bu)
  主な成約先・・・中国2774.6万bu ベルギー242.5万bu

 

 大豆3月限は安く、50日線と乖離しております。この日の下値抵抗1005.25セントは維持しておりますが、一目遅行線と基準線がデッドクロスしています。やや足取りが良くないですね。他穀物の出方次第。
 コーン3月限はじり安。小麦3月限にもう一段の上げが欲しかったですね。5日線は維持した形です。

 

<ソフト系>
 粗糖3月限の罫線が良くないですね。一目転換線は維持しておりますが、この日に考えていた下値27.08セントを割っております。
 コーヒー3月限は5日線割れに抵抗が見られる陰線。ここからの方向性は重要ですね。

 

 今週も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。