1月 14 2010

1月14日 今晩の外電を予想!!

 夜間取引は小動きになっております。日々行ったり来たりの展開ですが、相場付を見失わない様に心掛けて行きましょう。

 

<通貨・株式>
 ドルは確りで、今週出来たギャップを上抜いて引けました。今晩92.13円を上抜けて来ると押し目完了となりそうです。
 ユーロは今晩のレンジを1.4479~1.460ドルで見ており、どちらへ抜けて来るかがポイント。ユーロ円が確りしていますね。円の独歩安となるのでしょうか・・・?
 日経平均は172.65円安の10907.68円で取引を終了。新値抜きです。内外新値抜き相場となっておりますので、株式市場は強そうですね。

 

<工業品>
 金は確りですね。夜間も高く、特に期近の上げ幅が大きいですね。今晩のNY2月限レンジは1134.2~1154.7ドルで見ており、レンジ下を割った場合は足取りは悪そうです。国内も明日重要ですね。
 プラチナは陽線引けとなるも、5日線を上抜けずの状態です。明日引けてこのラインを上抜く陽線となっていれば上値指向となりそうです。今晩のNY4月限レンジは1574.4~1591.5ドルで見ており。レンジ下を維持出来るかがポイントです。 
 ガソリンはじり高でした。日中豪ドルが大幅高となったのでこれは・・・?と感じましたが在庫増加が頭を抑えつけたのでしょうか?今晩のNY2月限レンジは203.27~210セントで見ており、どちらに振れて来るかで方向性が見えて来そうです。

 

<穀物> 
 コーンが熱かったですね。本日の出来高は1万枚超えとなり、久しぶりの万取引となりました。今までのケースは切り返しのサインになりますがはたしてどうか?今晩のシカゴ3月限が388セントを上抜いていれば良さそうです。
 大豆は内外5日線乖離分の戻りとなっております。5日線を上抜く陽線が出るまでは安易に飛びつき難い所ですが、テクニカルはいい形です。今晩のシカゴ3月限995.75セントを上抜いていると罫線はいいと考えています。

 

<ソフト系>
 アラビカが確りですね。NY3月限も、今晩もう一段高となれば安心ですね。
 粗糖は高く、5日線の乖離分の戻り相場です。今晩のNY3月限が28.04セントを上抜いて引けていれば上値指向となりそうです。

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 14 2010

ドル・豪ドル・中国絡みか・・・?

 ドルは91.69円を上抜いて引けるかを見ておきましょう。
 さて・・・商品は全体的に高いですね。豪ドルの上昇に伴って石油が一時上げましたが、現在は静かになっております。ここからの相場展開は、資源国通貨がらみ・中国がらみの銘柄に注視です。穀物の中でも、コーンが三菱の大口売りでジリジリと下げておりますが、大半が手仕舞いとの事。後場注目です。

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

1月 14 2010

1月14日 外電から

<通貨。株式>
 ドルは高くも、この日の上値抵抗91.45円を上抜けずにレンジ内となっております。日本時間では91.08円を維持出来るかがポイント。
 ユーロは高く、この日に見ていた上値抵抗の1.45ドルを上抜くも陰線となっておりイマイチです。
 ダウは新値抜きですね。日経平均が追随出来るかがポイント。
 CRB指数はじり高で押し目完了となるか?

 

<工業品>
 金2月限は高くも5日線を上抜くには至れず。ダウジョーンズから今年の上半期の投資需要が高まり、高値更新となると予想された模様。 
 プラチナ4月限はじり安で5日線を割っております。中国自動車販売の回復やETFによる上げが一服。少し押すかな・・・?
 ガソリン2月限は安くも、この日に考えていた下値抵抗の206.19セントを維持している形です。週間在庫統計での在庫増加が要因。世界的な寒波は継続中。

 

<穀物>
 大豆が確りですね。ファンドの大口買いによる上げとなっている模様。今回の下げによる中国向けの輸出需要がどうなって来るかが見ものです。
 コーン3月限は安くも下髭が長くなっております。ファンドの大口買いが入った模様ですね。個人的に考えていた下値遅行を割った為、ひとまずは様子見です。小麦3月限は確り。

 

<ソフト系>
 両市場確りですね。
 コーヒー3月は押し目完了か?内外確りですね。
 粗糖3月限は上値抵抗28セントを上抜きいい形です。

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。