3月 15 2010

3月15日 外電予想

<通貨・株式>
 ドルは上昇。50日線を維持しながら小さな陽線引けとなりました。一目雲上限を10銭だけ上抜きました。今晩のNY市場での雲上限は90.42円で、今の所は維持の形になりそうです。91.07円を上抜くと強そうですね。
 ユーロはドル高を想定すると下げそうですね。下値抵抗は1.3725ドルで見ており、ここを維持出来るかがポイント。
 日経平均は0.72円高の10751.98円で取引を終了。今晩のダウが新値抜きとなるか、今晩の下値抵抗で見ている10492.06ドルを維持出来るかを見ておきたいと思います。

 

<工業品>
 金は内外足取りがイマイチですね。国内は一目雲の中を推移しておりますが、NY4月限は雲下限を上抜けずに頭の重いままです。今晩のNYが1097.2ドルを下抜いて来ると足取り悪化で見ています。
 プラチナは内外5日線を割らず下げても確り。まずは内外5日線を割るのか?割らないのか?がポイントだと感じています。今晩のNY4月限が1604.8ドルを維持出来るかがポイント。
 ガソリンは下げましたね。内外5日線を割っている状態で、今晩のNY4月限が221.15セントを割って来るかが見もの。

 

<穀物>
 大豆は下げましたね。ひとまずはレンジ内ですが、先日発表された需給報告は何だったの!?と感じさせられます。今晩のシカゴ5月限レンジは918.50~928.75セントで見ており、どちらへ抜けて来るかがポイントだと感じています。
 コーンは横這い。シカゴ小麦5月限の方向性に注目。今晩で5日線を上抜く陽線となっていれば足取り良好で見ており、両穀物も付いて来るのではと考えています。

 

<ソフト系>
 アラビカは高かったですね。NY5月限は戻り完了押し目待ちのチャート付となっている様に感じていますので、今晩で133.50セントを上抜けるかを見ておきたいと思います。
 粗糖は上げませんですね。本日想定していたチャートと形が違うので戸惑いました。今晩のNY5月限が5日線を上抜く陽線となるかを見てから考えたいと思います。

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

3月 15 2010

ドルは小動き

 ドルは本日の抵抗90.58円や50日線を維持しておりますが、一目雲上限90.73円を超えるには至れずです。本日引けでこのラインを上抜けるかが見ものですね。

 商品も全体的に小動きとなっています。本日はこの様な状況で引けそうですが、本日考えている抵抗値段を上下動している銘柄も数多くあります。後場ジックリ見たいと思います。
 尚、限定1ヶ月会員様を後2名募集しておりますので興味のある方はこの下のコメントをご覧下さい。

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

3月 15 2010

3月15日 本日のドル抵抗値

 今晩の米経済発表と事前予想は下記の通りです。()は事前予想。

 ① 米3月 NY連銀製造業景気指数 (+1.3%)
 ② 米2月 鉱工業生産指数 (前月比変わらず)
 ③ 米3月 住宅市場指数 (17)

 これらの発表を前にして、本日のドルは91.13円を維持出来るかがポイント。又、NY市場同様に50日線を維持出来るかや、一目雲上限90.73円を上抜けるかも重要だと考えています。


 
 又、前回から募集しておりました。1ヶ月限定会員様の募集人員が残り2名様となりました。募集陰陰達成で締め切りますので、ご登録がまだな方は是非どうぞ。ご登録を下さった方へは下記情報提供を1ヶ月させて頂きます。

 ①毎週月~金曜の朝~19時まで建玉トレード相談をお電話やメールで受付
 ②毎週月曜~木に日々抵抗値や推奨銘柄をコメント
 ③週末に週間展望をコメント
 ④必要な方へは業界紙を送付
 ⑤パソコンが苦手な方へは②と③をファックスで送信

 ※②~⑤は1週間無料サービス

 今回のポイントはトレード相談を月~金にした部分です。普段お仕事でご多忙の方には喜んで頂ける内容だと思っています。これで皆様がお使いのネット取引や他社の対面取引をご利用になりながら、情報提供が出来るのでは考えております。残り2名様となります。宜しかったらこちらで登録して下さい。その他詳細は登録確認後のお電話でお話し致します。尚、登録フォームの一番下に「限定1ヶ月会員希望」とご記入して送信して下さい。

 今週も宜しくお願い致します。  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。