5月 18 2010

5月18日 外電予想

<通貨・株式>
 ドルは高くも、この日の上値抵抗93.02円を上抜けずレンジ内です。今晩のNY市場では92.69円を維持出来るかがポイント。
 ユーロは一時は大幅安になるも現在は戻して来ております。月足抵抗は1.2412ドルで、ここを上抜けるかがポイント。
 日経平均は6.88円高の10242.64円で取引を終了。レンジ内の取引となっています。今晩のダウは、一目遅行線がろうそく足を上抜けるかがポイントです。

 

<工業品>
 金は安く、移動平均5日線を割り込んだ状態。今晩のNY6月限は1210.4ドルを維持出来るかがポイントです。
 プラチナは安く、移動平均50日線を試しに来るかが見もの。今晩のNY7月限は1646.9ドルを維持出来るかが重要です。
 ガソリンはじり高。この夜間でもプラスサイドを継続中。今晩のNY6月限は204.41セント以上で引けるかがポイント。

 

<穀物>
 両穀物は、昨日下げた分の修正高となっていましたね。
 大豆は上げるも移動平均50日線を上抜けず。今晩のシカゴ7月限の動向に注目。946.50セント以上であればマズマズです。
 コーンは高く、移動平均50日線を上抜くも25日線を上抜くには至れず。前回同様21000円は維持しましたね。今晩のシカゴ7月限も358セント以上であればマズマズ。

 

<ソフト系>
 アラビカは安くも小さな陽線引けとなっています。今晩のNY7月限レンジは131.60~132.70セントで見ており、どちらへ抜けて来るかがポイント。
 粗糖はじり高。移動平均5日線との乖離分の日柄調整となっています。今晩のNY7月限レンジは13.88~14.36セントで見ており、どちらへ抜けて来るかが見ものです。

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

5月 18 2010

ドルと日経平均

 ドルは小動きですね。日本時間引けて91.89円を割れるかどうかが見ものです。しかしユーロドルの下げが再び大きくなって来ました。後場の動きに注目です。本日の日経平均のレンジは10116.86~10335.69円と広く、大幅に動いた場合はどちらへ振れて来るかを見ておきたいと思います。

 商品は寄付いてから小動きですね。週足で見て行く銘柄と日足で追いかけておく銘柄と様々です。

 電話相談は13:00~15:00の間受け付けております。これから小一時間席を外しますのでこれから13:00までの間しか連絡が付かない場合は何時に連絡が出来るかとお電話番号をご伝言しておいて下さい。

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

5月 18 2010

5月18日 外電と穀物週間輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルは横這い。この日に発表されたNY連銀製造業景気指数は19.11と事前予想をはるかに下回るも、ここからの円を買う材料に乏しい事から戻して小さな陽線引けとなっています。この日の動きは考えていたレンジ内。本日日本時間の下値抵抗は91.89円・週足上値抵抗は92.89円で見ています。
 ユーロはじり高で、移動平均5日線との乖離分の戻りとなっています。月足ベースで見ると、1.2412ドルを上抜けるかが重要。下は1.2015ドル
 ダウはじり高。この日のレンジ内での動きとなっており、一目転換線や基準線に下髭で抵抗を出した形となっています。本日の日経平均は10335.69円を上抜けるかがポイント。
 CRB指数は大幅安。年初来安値を更新しており、この日の下値抵抗257.65を一気に下抜きました。足取りは悪いですね。

 

<工業品>
 金6月限はじり安。移動平均5日線を下抜くも、この日の下値抵抗で見ていた1214.9ドル以上で引けており、他商品と比較すると確りしています。
 プラチナ7月限は大幅安。移動平均50日線やこの日の下値抵抗1700ドル・一目雲上限や転換線・基準線を割り込んで来ました。チャートをテクニカルで見ると、パラジウム6月限の方が悪くなっていますね。
 ガソリン6月限は大幅安。この日の下値抵抗211.07セントを下抜くも、週足下値抵抗203.31セントは維持。このラインで抵抗が出るかがポイント。

 

<穀物>
 輸出検証高と作柄の発表がありました。

 

(コーン)
 3848万5000bu(3200万~4100万bu)
  主な成約先・・・日本981.1万bu メキシコ759.6万bu

 作付 :87%(前週81% 前年61% 平年78%)
 発芽 :55%(前週39% 前年28% 平年39%)
 良以上:67%
 劣以下:6%

(大豆)
 847万bu(500万~900万bu)
  主な成約先・・・メキシコ278.5万bu 日本194.2万bu

 作付 :38%(前週30% 前年23% 平年35%)
 発芽 :13%(前週7% 前年5% 平年9%)

 

 大豆7月限は安く、この日の下値抵抗946.50セントや週足下値抵抗941.50セントを割り込んで来ました。4月の安値を割り込み、3月の安値が視野に入りそうです。今回発表された成約先に中国向けは確認出来ず。作柄は平年よりも良くなっています。
 コーン7月限は安く、この日の下値抵抗361セントや週足下値抵抗第一弾353セントを割るも、4月の安値を更新するには至らず。チャート的には悪化しておりますので注意も必要。作柄は平年以上を維持。又、中国の追加買い付け確認は出来ておらず。

 

<ソフト系>
 コーヒー7月限は安く、今月の実線安値を割り込んで来ました。この日の下値抵抗133.40セントも割り込んで足取りは悪いですね。
 粗糖7月限は安くも他商品程の大幅安には至らず。5日線を中心にした揉み合いとなっております。

 

 本日8:00~14:00まで電話相談をしておりますので、お気軽に直通フリーダイヤル(携帯からも可)0120-911-407までお電話下さい。

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。