8月 28 2010

8月28日 外電と海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルは上昇。この日に発表された米4-6月期GDP改定値は、前期比1.6%増加に下方修正されるも事前予想の1.4%増加を上回り、個人消費が2.0%と予想外に上方修正された事が要因となった模様。一目転換線や移動平均5日線を上抜き出直り基調となっています。 
 又、株式市場においてはバーナンキ氏の発言がダウを引き上げる要因となっており、この日の上値抵抗10149.88ドルや移動平均5日線を上抜き、一目雲下限が視野に入って来ました。
 ユーロはレンジ内ですが、週足上値抵抗1.2729ドルを上抜きました。
 CRB指数は高く、一目転換線や移動平均5・50日線・この日の上値抵抗264.31を上抜いて引けました。週足一目雲上限272.96は上抜けず。

 

<工業品>
 金12月限はじり高。GDP発言やバーナンキ氏発言で上下するも、この日のレンジ内で推移。
 プラチナ10月限は安くもレンジ内です。移動平均5日線で下髭抵抗を出した形で、週明けの相場が高いと安心感が出そうです。
 ガソリン10月限は大幅高となるも、この日の上値抵抗192.5セントを上抜けず。一目雲下限が視野に入って来ました。

 

<穀物>
 両市場単収低下予想や需給の引き締まりから上値を切り上げる展開。
 大豆11月限は高く、この日の上値抵抗1024.25セントをや一目転換線・ボリンジャー中心線を上抜いて来ました。この日、米農務省から中国向けに大豆12万トンの成約が発表された事・作柄悪化懸念から買われた模様です。
 コーン12月限も高いですね。新値抜きとまでは行きませんが、上値追いとなりそうですね。米農務省から仕向け地不明で18万トンの成約が発表された事・小麦の上昇が支援材料。

 

<ソフト系>
 コーヒー12月限は高く、ボリンジャー中心線や一目基準線・転換線を上抜き確りです。
 粗糖10月限は高く、この日の上値抵抗19.54セントや一目転換線・移動平均5日線を上抜いて来ました。

 

 

 尚、8月24日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

<工業品>
 金・・・221191枚(204228枚)
 銀・・・34807枚(35572枚)
 プラ・・・16260枚(16917枚)
 パラ・・・11667枚(12452枚)
 ガソ・・・16342枚(23914枚)

<穀物・ソフト系>
 コーン・・・357975枚(347235枚)
 大豆・・・139374枚(135794枚)
 コーヒー・・・39562枚(44505枚)
 粗糖・・・148611枚(152821枚)

 

 

 来週も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。