8月 09 2010

8月9日 今晩の外電予想

<通貨・株式>
 ドルは安くも、直近安値を割り込むには至れず陽線。今晩のNY市場では移動平均5日線を上抜けるかがポイント。
 ユーロは、今晩で1.3410ドルを上抜いて来るかが見もの。週足では1.3379ドル
 日経平均は69.63円安の9572.49円で取引を終了。この日の下値抵抗9600.88円を割り込むも陽線引けとなりました。今晩のNYダウレンジは10560.13-10767.98ドルと広いので、レンジ内での動きに留まると思っています。

 

<工業品>
 金は高く、移動平均5日線や一目転換線に下髭で抵抗を出した形です。今晩のNY12月限は1212ドルを上抜けるかがポイント。
 プラチナは内外足取りが悪いですね。今晩のNY10月限が1581ドルを上抜けないと押し目完了とはいい難い所。
 ガソリンはいい所で抵抗が出た様に感じます。今晩のNY9月限次第か?今晩のレンジは207.22-213.90セントで見ています。

 

<穀物>
 大豆は安寄りするも確り新値抜きとなっています。今週は12日に農務省発表がありますので神経質な動きになりそうですね。
 コーンは今晩のシカゴ12月レンジを415-433.83セントで見ており、どちらへ抜けて来るかが見所。値位置的にはレンジ下を維持出来るかですね。小麦9月限の動向にも注意が必要。

 

<ソフト系>
 コーヒーは国内が確り。移動平均5日線を上抜いて来ました。今晩のNY9月限レンジは164.90-169.45セントで見ており、どちらへ抜けて来るか?
 粗糖はじり高。今晩のNY10月限がここから切り返せるかがポイント。

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 09 2010

狙い目銘柄となるか・・・!? 

 本日1銘柄に重要値段があります。このラインを維持出来るかがポイントになっており、引け間際まで見ておきたい所!!正直チャンスだと思っています!!

 

 無料会員様を募集しておりますので、宜しかったらこちらで無料会員登録してみて下さい。ご登録下さった方へは下記情報提供を1週間させて頂きます。

 

 ① 毎週月~木曜の夜間取引中に日々抵抗値段と推奨銘柄を更新
 ② 毎週土曜日に週間展望を更新
 ③ 毎週月曜8:00~14:00までのトレード相談
 ④ パソコンが苦手な方へは①・②をファックスで送信
 ⑤ 必要な方へは業界紙を送付

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 09 2010

8月9日 今週の商品・通貨・株式市場

 おはようございます。
 本日の東京は久しぶりの雨模様となっており、涼しく過ごし易いです。皆様お住まいの地区は如何ですか?

 

 本日8:00~14:00まで電話相談を致しておりますので、お気軽に直通フリーダイヤル(携帯からも可)0120-911-407までお電話下さい。

 

 さて・・・先週のドルはNY市場で新値をぬいており、今晩の市場動向は注目すべき所です。上値抵抗は週足で86.56円と87.39円にあります。本日の日本市場が直近の安値85.28円を割り込んで来るかがポイントです。
 ユーロは今週1.3379ドルを上抜いて引けるかがポイント。週末は新値を抜いて上値指向型継続で見ております。
 株式市場は、先週のダウの動きで大勢が買いに転換した様に感じており、今週のレンジは10157.64-10819.901ドルで見ています。日経平均も、今週の動きで大勢に変化が見られるか?今週は一目雲上限10227円を上抜けるかがポイント。本日は9600.88-9763.41円のレンジで見ております。

 

 商品は、先週の海外市場を見る限り確りしていたのは金12月限・小麦9月限の動向に追随しなかったコーン12月限や大豆11月限の動向にも注意が必要。これら銘柄の動向に注視しておきましょう。

 

 又、無料会員様を募集しておりますので、宜しかったらこちらで無料会員登録してみて下さい。ご登録下さった方へは下記情報提供を1週間させて頂きます。

 

 ① 毎週月~木曜の夜間取引中に日々抵抗値段と推奨銘柄を更新
 ② 毎週土曜日に週間展望を更新
 ③ 毎週月曜8:00~14:00までのトレード相談
 ④ パソコンが苦手な方へは①・②をファックスで送信
 ⑤ 必要な方へは業界紙を送付

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。