9月 11 2010

9月11日 海外大口投機家買い越し状況・穀物需給報告

 この日の発表された穀物需給報告は下記の通り。()は前月農務省発表。

 

(コーン)
 作付面積:8790万エーカー(同)
 単収  :162.5bu(165.0bu)
 供給合計:145億5600万bu(148億9000万bu)
 消費合計:134億4000万bu(134億9000万bu)
 期末在庫:11億1600万bu(13億1200万bu)
 在庫率 :8.3%(9.7%)

(大豆)
 作付面積:7890万エーカー(同)
 単収  :44.7bu(44.0bu)
 供給合計:36億4300万bu(36億300万bu)
 消費合計:32億9300万bu(32億4300万bu)
 期末在庫:3億5000万bu(3億6000万bu)
 在庫率 :10.6%(11.1%)

 

 大豆11月限は大幅安。移動平均5日線を割り込むも、一目転換線は維持した形。生産高や単収が上方修正された事が圧迫要因。
 コーン12月限は高く新値抜きです。強気の需給報告がはやされた模様。内外週足もいいですね。

 

 この日に発表された輸出成約高は下記の通り。()は事前予想。

 

(コーン)
 68万200トン(80万~120万トン)
  主な成約先・・・仕向け地不明18万300トン 日本15万トン

(大豆)
 84万8200トン(50万~80万トン)
  主な成約先・・・中国33万4800トン エジプト9万6100トン

 

<工業品>
 金12月限は安く、移動平均5日線を割り込んだままとなっています。一目転換線は維持しており、このラインを保てるかがポイント。ドル高による逃避買いが手仕舞いされた模様。
 プラチナ10月限は安くも一目基準線を維持した形。パラジウム12月限は一目転換線で抵抗を出した形。白金族は一目に注目。
 ガソリン10月限は高く新値抜きです。一目雲の中に入って来ており確りして来ました。中国の8月原油輸入が増加した事による原油高が要因。

 尚、9月13日現在の海外大口投機家の買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

<工業品>
 金・・・239697枚(238077枚)
 銀・・・47203枚(44813枚)
 白金・・・16455枚(15525枚)
 パラ・・・14107枚(13263枚)
 ガソ・・・21470枚(14593枚)

<穀物・ソフト系>
 コーン・・・432697枚(404371枚)
 大豆・・・142447枚(140040枚)
 コーヒー・・・40757枚(37699枚)

 

 今週も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。