10月 29 2010

10月29日 外電抵抗値

 ドルは下落。内外市場共に、5日線や転換線を割り込んで引けました。今晩のNYはそれを上抜けるかがポイントですが、今晩は第3四半期の米GDPの発表があり、現状では頭の重いままです。又、来週はFOMCも控えていますので安易にはドルを買い難い所。今晩のGDPの事前予想は下記の通りです。

 

 第3四半期・米国内総生産(GDP):前期比+2.0%
 第3四半期・米個人消費   :前期比+2.5%
 第3四半期・米雇用コスト指数:前期比+0.5%


 

 ユーロは今晩で週足一目雲上限1.3832ドルを維持して引けるかがポイント。
 日経平均は163.58円安の9202.45円で取引を終了。週足一目転換線9256.69円を割り込んで引けました。今晩のダウは週足下値重要値段11018.66ドルを維持出来るかが見所です。

 

 さて…商品は全体的に下値切り下げ型になっています。今晩の海外市場で重要な銘柄もあるでしょうからジックリ見て参りたいと思います。

 今晩の外電レンジは下記の通り。

 

<工業品>
 金12月限…1328.4-1349.5ドル
 白金1月限…1680.3-1710.2ドル
 パラジウム12月限…下値抵抗 605.50ドル
 ガソリン12月限…205.82-211.01セント

<穀物・ソフト系>
 大豆11月限…下値抵抗 1217・1199セント
 コーン12月限…下値抵抗 5日線
 小麦12月限…712-719.75セント
 コーヒー12月限…189.30-196.75セント
 粗糖3月限…下値抵抗 28.30セント

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。