10月 13 2010

10月13日 外電抵抗値

 ドルは安くも陽線引け。今晩はNY市場が週央です。週足下値抵抗は81.70円で見ています。このラインを維持出来るかがポイント。
 ユーロは高いですね。週足上値抵抗で見ている1.400ドルを上抜けるかがポイントです。
 日経平均は14.87円高の9403.51円で取引を終了。この日の下値抵抗9396.45円を維持しています。今晩のダウは11041.64ドルを上抜けるかが重要。週足上値抵抗は11037.85ドルで見ており、このラインも上抜けるかが見所です。

 

 今晩の外電レンジは下記の通り。

 

<工業品>
 金12月限・・・1310.3-1347.7ドル
 白金1月限・・・1681.3-1730.1ドル
 パラ12月限・・・下値抵抗 569.55ドル
 ガソリン12月限・・・207.33-214.95セント

<穀物・ソフト系>
 大豆11月限・・・下値抵抗 1135セント(ギャップ)
 コーン12月限・・・下値抵抗 528.25セント(ギャップ)
 小麦12月限・・・695-734セント
 コーヒー12月限・・・183.25-187.40セント
 粗糖3月限・・・下値抵抗 25.81セント

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 13 2010

ドルはNY週足で・株式は本日の抵抗2つあり・・・。

 ドルは、NY週足ベースで81.70円を維持出来るかがポイント。

 日経平均はじり高で、この日の上値抵抗9396.45円を突破。もう一段上の9496.82円を維持出来るかがポイント。

 商品は、全体的に行ったり来たりですね。本日は週足にも注視しておきたいと思います。

 
 後場も宜しくお願い致します。
 

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 13 2010

10月13日 外電と穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルは下落。米FOMCによる米追加金融緩和コメントによるドル売りが継続。この日は新値抜きとなりましたが、週足ベースで見る81.70円は維持。日本時間でのドルの安値は81.77円で、本日の相場がこのラインを下回って引けるかが見所。
 ユーロは高く、移動平均5日線を上抜いた状態。週足一目雲下限の1.3861ドルを維持した形。
 ダウはじり高で実線新値抜きです。この日の上値抵抗11041.64ドルを上抜けずに頭は重いままです。本日の日経平均は9396.45円を上抜いて引けるかがポイント。
 CRB指数は高く新値抜きです。週足ではレンジ内での動きとなっております。

 

<工業品>
 金12月限は安くも移動平均5日線を維持。この日の下値抵抗は維持しており、レンジ内での動きとなっております。ETFは増減なし。
 プラチナ1月限は安くも、この日の下値抵抗1680.5ドルを維持。一目転換線を割り込んでおり、ここからの相場付に注目。パラジウム12月限は安く、移動平均5日線は割り込むも、一目転換線やこの日の下値抵抗567.30ドルを維持しておりレンジ内での推移。
 ガソリン12月限は安くもこの日のレンジ内。

 

<穀物>
 輸出検証高と作況の発表がありました。

 

(コーン)
 3066万8000bu(3000万~4100万bu)
  主な成約先・・・日本1418.7万bu メキシコ293.7万bu

 成熟 :98%(平年89%)
 収穫 :51%(平年30%)
 良以上:68%(前年同期70%)
 劣以下:12%(前年同期9%)

 

(大豆)
 3792万1000bu(2300万~4000万bu)
  主な成約先・・・中国1561.6万bu メキシコ480.7万bu

 落葉 :95%(平年93%)
 収穫 :67%(平年48%)
 良以上:64%(前年同期65%)
 劣以下:12%(前年同期10%)

 

 大豆11月限は高く、実線新値抜きとなっています。米国の需給逼迫・南米の作付け遅れ・輸出検証高が前週から増加した事が要因。中国向けの成約は前年比700万bu程の増加。
 コーン12月限は高く新値抜きです。農家の売り控え・ファンドの大口買いから上昇した模様。ここからの相場付に注目。小麦12月限はじり高でこの日のレンジ内。

 

<ソフト系>
 コーヒー12月限は高く、この日の抵抗182.75セントを上抜いた後は、前日の抵抗であった移動平均50日線を上抜き、25日線までも上抜く格好となっております。テクニカルな買いが入った模様。
 粗糖3月限は高く新値抜き。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。