10月 22 2010

10月22日 外電抵抗値

 ドルは横ばい。今週考えていた抵抗の81.04円を維持した形で揉み合い中です。今晩のNY市場では週足上値抵抗81.43円を上抜けるかがポイント。
 ユーロは週足下値抵抗1.3831ドルを維持出来るかがポイント。
 日経平均は50.23円高の9426.71円で取引を終了。この日のレンジ内です。今晩のダウは新値抜きとなるか?月足抵抗11112.77ドルを維持出来るかが見所です。

 

 

 今晩の外電レンジは下記の通り。

 

 

<工業品>
 金12月限…上値抵抗 1337.1ドル
 白金1月限…1667.7-1706.3ドル
 パラジウム12月限…下値抵抗 574.90ドル
 ガソリン12月限…195.88-209.45セント

 

<穀物・ソフト系>
 大豆11月限…1182.80-1201.50セント
 コーン12月限…下値抵抗 ギャップ528.25セント
 小麦12月限…653.75-677.50セント
 コーヒー12月限…下値抵抗 187.33セント
 粗糖3月限…下値抵抗 5日線

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 22 2010

ドルは日週足・株はまず日足で・・・。

 ドルはじり安。本日81.04円を維持出来るかがポイント。

 日経平均は日足でレンジ内。まずは9473.78円を上抜けるかがポイントですね。

 商品は小動きです。本日は週足の注目しておきましょう。

 

 尚、本日14時まで電話相談を致しておりますので、お気軽に直通フリーダイヤル(携帯からも可)0120-911-407までお電話下さい。

 

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 22 2010

10月22日 外電と穀物輸出成約高

<通貨・株式>
 ドルは上昇。この日の抵抗81.17円以上となるも、レンジ内での動きが続いています。米追加金融緩和観測で頭は重く、介入警戒感で下値も浅い状態。市場は引き続きG20に注目が集まっている模様。中国の元切り上げや、これ以上の円高を阻止する発言がありそうだとの事。
 ユーロは安くも、移動平均5日線を維持してレンジ内。週足下値抵抗で見ている1.3831ドルも維持。
 ダウは高く、自薦での新値抜きになっています。この日の上げで、月足上値抵抗11112.77ドルを上抜いて来ました。日経平均は、週足上値抵抗の9588.88円を上抜けるかが見所。
 CRB指数は安く、移動平均5日線や一目転換線を下抜き足取りがやや悪いですね。

 

<工業品>
 金12月限は安く、この日の下値抵抗1334.4ドルやボリンジャー中心線・基準線を割り込んで足取りが悪いですね。ETFの減少による買方の資金引き上げの兆候が見られている模様。
 プラチナ1月限は安く、ボリンジャー中心線を下抜くも、25日線やこの日の下値抵抗1667.7ドルは維持。前日大幅に上げたパラジウム12月限は一目転換線を割り込んでおり、ここからの白金族の動向には注意が必要。
 ガソリン12月限は安く、この日の下値抵抗203.84セントやボリンジャー中心線・基準線を割り込んで足取りが悪いですね。

 

<穀物
 輸出成約高の発表がありました。

 

(コーン)
 21万2500トン(65万~95万トン)
  主な成約先…日本14万4900トン イスラエル6万8000トン

(大豆)
 201万7200トン(110万~140万トン)
  主な成約先・・・中国145万1000トン 仕向け地不明22万7900トン

 

 大豆11月限は安くも、この日の下値抵抗1172セントや5日線を維持。中国向けの成約高は前年同期比40万トン程多くも、この日の追加成約が確認出来なかった事から手仕舞い売りが膨らんだ模様。
 コーン12月限は安くも、移動平均5日線や転換線を維持してレンジ内となっています。小麦12月限は安く、この日の下値抵抗674セントを割り込んで、一目遅行線が雲下限を割り込んで引けました。足取りはイマイチですね。

 

<ソフト系>
 コーヒー12月限は高く新値抜きです。ここからの相場付に注目。
 粗糖3月限は安くも、移動平均5日線を維持しています。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。