2月 23 2011

2月23日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは下落。リビア情勢の緊迫化でリスク回避が進んだ模様。日足ではレンジ内。週足では、今週の下値抵抗で見ていた82.74円で止まった状態。本日の日本時間では82.48円を試すかが見所。
 ユーロは安くも日週足でレンジ内。
 ダウは安くも、この日の下値抵抗ラインを維持。週足でもレンジ内。月足では、今月の上値抵抗で見ていた12167.61ドルを維持。本日の日経平均で見ている下値抵抗は、10524.13円・10478.66円で見ており、これらを維持するかが見もの。
 CRB指数は高くも陰線引け。週足ではレンジ内です。

 

<工業品>
 金4月限は高くもこの日のレンジ内。リビア情勢の緊迫化や原油の上昇に伴って上げるも、高値からは10ドルほどの下落。ETFは増減なし。
 白金4月限は安く、株安に伴った下げとなった模様。この日の下値抵抗で見ていた1810.1ドルを割り込んで来ました。ここからもう一段安となるかが見所。
 原油4月限は高く、実線でも年初来高値を更新となりましたが、高値からは3ドルほどの下落となっています。実線では新値抜き。

 

<穀物・ソフト系>
 両穀物はストップ安となっています。独自材料に欠ける中、株安による他商品の下落等から売られた模様。小麦3月限の相場付にも注意が必要。
 コーヒー5月限は高く新値抜きです。ここからの相場付は見ものです。
 粗糖5月限は安くも揉み合いです。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。