6月 04 2011

6月4日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは安く、週足下値抵抗で見ていた80.35円を割り込んで足取りが悪いですね。この日に発表された米6月雇用統計の内容は、失業率が9.5%と事前予想から0.3%・前月比0.2%の改善となりましたが、非農業部門雇用者数は前月比12万5000人減少と米経済の内容の悪さがドル売りを誘った模様。
 ユーロは高く、この日の上値抵抗や週足レンジ上の1.4575ドルを上抜いていい形です。
 ダウは安く新値抜きです。日週足レンジ下は維持しており、ここからの相場付は見所になりそうです。

<工業品>
 金8月限は高く、前日の実線高値を上抜くもレンジ内を推移。
 白金7月限はじり安。この日のレンジ内を推移して5日線乖離分の修正を継続中。パラジウム9月限は高く、この日の上値抵抗を抜いてチャートは好転中。
 原油7月限はじり高レンジ内。

 

<穀物・ソフト系>
 大豆7月限は高くもこの日のレンジ内。
 コーン7月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んでいます。
 コーヒー7月限は高く、この日の上値抵抗を抜いてチャート好転で見ております。
 粗糖7月限は高く、この日の上値抵抗を抜けずもチャートは好転中で見ております。


 

 今回の雇用統計を受けて、商品市場は銘柄ごとに疎らな動きを見せております。引き続き来週も銘柄別に相場を追いかける1週間となりそうです。

 そこで無料会員様を募集しております。
 日々月~木曜日の夜間中に日々抵抗のコメント・毎週末に週間展望を更新しております。宜しかったらこちらで登録してみて下さい。

 今週更新した週間展望には、貴金属と穀物の細かいレンジを掲載し、それに従ってどの様に追いかけて行くのかを具体的にコメントしております。これを参考に日々のコメントを見て頂けたらヒントが生まれると思いますので是非登録してみて下さい。

 

 

 来週も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。