9月 21 2011

9月21日 外電抵抗値

 ドルは、実線安値の76.46円を回復出来るかが見所です。NY時間でのそれは76.39円
 ユーロは5日線を上抜けるかがポイント。
 日経平均は19.92円高の8741.16円で取引を終了。この日のレンジ内です。今晩のダウは5日線を維持出来るかがポイント。

 

 

 今晩の外電レンジです。

 

<工業品>
 金12月限…下値抵抗 1778.1ドル
 白金10月限…1769.4-1784.0ドル
 パラ12月限…上値抵抗 5日線
 原油11月限…上値抵抗 5日線

<穀物・ソフト系>
 大豆11月限…下値抵抗 1326.00セント
 コーン12月限…677.00-717.80セント
 小麦12月限…下値抵抗 662.00セント
 コーヒー12月限…257.65-264.10セント
 粗糖3月限…26.33-26.99セント

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 21 2011

ドル円 実線安値割れ!!

 ドルは、日本時間での実線安値の76.46円を割り込んでいます。引けにこのラインを維持出来るかが見所です。

 

 

 日経平均は5日~25日線のレンジ内。5699.35-8775.25円のレンジです。

 

 

 商品は為替に左右されていますね。

 

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

9月 21 2011

9月21日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは安くも、実線新値の76.39円に1銭届かず。IMFが今年と来年の世界経済成長見通しを引き下げた事を背景にリスク回避の動きに押された様子。市場はFOMCの結果待ち。米の追加金融緩和期待感が強まっている模様。
 ユーロはじり高レンジ内。引き続き欧州債務危機拡大懸念は根強いものの、欧州株式市場の上昇から上げた模様。
 ダウはじり高レンジ内。日足上では頭の重い展開。本日の日経平均は8828.46円を上抜けるかがポイント。
 CRB指数は高くもレンジ内。

 

<工業品>
 金12月限は高く、この日の上値抵抗や5日線を上抜き確り。欧州の株価の上昇に伴い、前日の様な金換金売りの必要がなくなったとの思惑や、今晩まで行われるFOMCで追加金融緩和が検討される事・IMFが2012年の世界経済成長見通しを下方修正した事が支援材料。ETFは0.30トンの増加。
 白金10月限は高くもレンジ内。株価の急伸やドル安原油高・FOMCの追加金融緩和が支援材料で独自材料はなし。パラ12月限も高くもレンジ内。
 原油11月限は高くもレンジ内。FOMCの結果待ちでのポジション調整が中心になった様子。

 

<穀物>
 大豆11月限はじり高。コーンベルト北部の早霜による作柄の悪化や中国向けに12万トンの成約があった事等から買われるも夜間取引での高値を攻略出来ずに上げ幅を縮小。この日の下値抵抗を維持した形でレンジ内。
 コーン12月限はじり安。ハーベストプレッシャーや大豆と比較して中国のコーン成約の確認が出来ずに高値から失速。親穀待ちでユーザーが手当てを控えて現物市場が下げた事も要因。この日のレンジ内。小麦12月限はじり高。冬小麦の作付け遅れが支援材料。
 コーヒー12月限は安く、独自材料に欠けてレンジ内の動きになっています。
 粗糖3月限はじり高。新規材料に乏しい中レンジ内の動きになっています。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。