9月 24 2011

9月24日 外電・海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルは持ち直し。G20の内容では、力強く強調して国際的に対応するとの報告で確り。5日線を上抜いて来ました。しかし、世界的な経済減速や欧州危機拡大懸念は強く、頭も重い展開になっています。
 ユーロは高くもこの日のレンジ内。
 ダウはじり高。前日に抵抗を割り込んで足取りは悪いままとなっています。
 CRB指数は安く、週足下値抵抗で見ていた304.41を割り込んで足取りが悪くなっています。

<工業品>
 金12月限は大幅安。株の戻りも関係なく、換金売りに押された模様。この様な下げにもかかわらず、インドの現物買いも入らず下値余地もありそうな相場展開となっています。
 白金10月限も大幅安。金の下落や経済の悪化懸念で押された様子。パラジウム12月限も安いですね。
 原油11月限はじり安。前日の大幅安を引き継いでいます。

 

<穀物・ソフト系>
 大豆11月限は大幅安。2日間で大きな下げ幅になっており、ハーベストプレッシャーによる売り圧力に押された模様。ただし、中国の大口成約が確認されるなど安値から地合いを回復。
 コーン12月限は安く新値抜きが続いています。ハーベストプレッシャーや、中国の景気減速懸念による現物需要の停滞との見方が圧迫要因。小麦12月限はじり高。大豆やコーンはファンドの買いが多かった分、手仕舞い売りにより下げていますが、小麦はファンドが売り越しだった為に買戻しでプラスサイドを維持した様子。この2日間で7000枚ほどの手仕舞いにより、ファンドは4000枚の買い越しになっています。
 コーヒー12月限は安いですね。供給過剰による売り圧力が強まった模様。
 粗糖3月限は大幅安。供給過多見通しやリヒト社から欧州の生産高が6年ぶりの高水準になる見通しだとの事が圧迫要因。

 

 

 尚、9月20日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

<工業品>
 金…150529枚(168847枚)
 銀…22538枚(26287枚)
 白金…23840枚(26776枚)
 パラ…9996枚(10567枚)
 原油…159965枚(155395枚)

<穀物・ソフト系>
 コーン…351278枚(369225枚)
 大豆…151915枚(182560枚)
 コーヒー…22255枚(24024枚)
 粗糖…135962枚(162419枚)

 

 

 本日11:00まで電話相談を致しておりますので、お気軽に直通フリーダイヤル(携帯からも可)0120-911-407までお電話下さい。

 

 又、無料会員様を募集しておりますので、ご登録はこちらからどうぞ。

 

 登録下さった方へは、月曜日~木曜日の夜間取引中に日々の抵抗値段とコメントと、これから更新致します週間展望を情報提供致します。

 

 

 来週の狙いはズバリ決まっています!!皆様のお役に立てたら幸いです。

 

 

 来週も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。