10月 14 2011

10月14日 外電抵抗値

 ドルはレンジ内。今晩のNY市場では76.88円を維持出来るかが見所です。
 ユーロは、週足レンジ上の1.3822ドルを上抜けるかが見所。
 日経平均は75.29円安の8744.93円で取引を終了。日週足共にレンジです。今晩のダウは週足レンジ上で見ていた11433.93ドルを維持出来るかがポイント。

 

 

 外電レンジです。

 

<工業品>
 金12月限…下値抵抗 1639.8ドル
 白金1月限…下値抵抗 1518.8ドル
 パラ12月限…下値抵抗 583.00ドル
 原油11月限…83.17-85.96ドル

<穀物・ソフト系>
 大豆11月限…1221.25-1269.40セント
 コーン12月限…608.50-648.00セント
 小麦12月限…下値抵抗 606.00セント
 コーヒー12月限…上値抵抗 241.90セント
 粗糖3月限…26.18-26.98セント

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 14 2011

一口コメント

 全体的に朝から小動きですね。

 

 工業品は本日のレンジ内を推移。

 
 穀物はコーン安大豆高。

 ドルもレンジ内。

 

 日経平均は週足レンジ内。

 

 後場も大きな動きはなさそうですね。

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

10月 14 2011

10月14日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは下落。9月の中国貿易黒字が2ヶ月連続の減少となり、世界経済の低迷や米経済の成長鈍化が反映。この日の下値抵抗76.88円を割り込んだ状態。
 ユーロはじり安。中国の貿易黒字減少・株安を背景に大幅安となるも、スロバキアで欧州金融安定ファシリティー(EFSF)拡充案が可決された事や、株式の上昇を背景に下げ幅を縮小。この日のレンジ内を推移。
 ダウはじり安レンジ内。本日の日経平均は週足に注目です。
 CRB指数は安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金12月限は安くもレンジ内。欧州の景気低迷による中国の貿易黒字減少。1700ドルを上抜けなかった事による手仕舞い売りが中心となった模様。ETFは0.48トンの減少。
 白金1月限は安くもレンジ内。中国の貿易黒字減少から下げた模様。パラ12月限も安くもレンジ内。
 原油は安くもレンジ内。中国の貿易黒字減少から大幅安となるも、この日に発表された米在庫統計でガソリン在庫が大幅減少となり下げ幅を縮小。

 

<穀物・ソフト系>
 大豆11月限は高くもレンジ内。仕向け地不明の大口成約や、売り控えによる現物の上昇・生産高と在庫の減少から独自材料で上昇。
 コーン12月限は安くもレンジ内。引き続き期末在庫の上昇から頭の重い展開。小麦12月限は安く、この日の下値抵抗を割った状態。カナダ・ロシア豪州との競合や世界在庫の増加が圧迫要因。
 コーヒー12月限は高く、テクニカルな買いが入った様子。
 粗糖3月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて日足で良好。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。