12月 22 2011

ドル・株式一口コメント

 ドルは78.11円を上抜いて引けるかが見所。週足では78.09円を抜いていればマズマズ。

 

 日経平均は8449.05円を維持して引けるか?週足では8493.77円で見ておりますが、ここまでは難しそうですね。

 

 

 商品は週足に注目。全体的にはレンジ内の動きになっており、まだ頭が重い状態となっています。

 

 

 14:00まで電話相談を致しておりますので、お気軽に0120-911-407(直通・携帯からも可)までお電話下さい。

 

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

12月 22 2011

12月22日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは確り。欧州債務危機の長期化懸念・株式の下落からリスク回避の動きとなった模様。本日の日本市場では78.11円を上抜けるかが見所。

 ユーロは安い。イタリヤやスペインの利回り上昇による欧州債務危機の長期化懸念から売られた様子。
 ダウはじり高。一時は大幅安となるも、下髭の長い小陽線引けとなっています。本日の日経平均は8449.05円を維持出来るかが見所。
 CRB指数は高く、一目転換線を上抜いて引けました。

 

<工業品>
 金2月限はじり安。一時は大幅高となるも、上髭の長い小陰線となっています。一旦の押し目待ちか!?ETFは12.10トンの減少。
 白金1月限はじり安レンジ内。パラ3月限は高く、一目基準線を上抜いて確りです。
 原油2月限は高く、前日に抜けなかった一目基準線や転換線を上抜いて確り。この日に発表された米週間在庫統計で、予想外に在庫が減少した事が背景。

 

<穀物>
 大豆1月限は高く、一目基準線を上抜いて確り。コーンや小麦の反発・先週に11ドルを維持した事から売り過剰感が台頭し、売り方の買戻しが中心となった様子。今晩の週間輸出成約高の事前予想は40-60万トン
 コーン3月限は高くも一目基準線を上抜けず。南米産地に天候懸念が台頭し、米期末在庫逼迫懸念が再浮上した模様。今晩の週間輸出成約高の事前予想は40-70万トン。小麦3月限は高く、一目基準線を上抜いて確り。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。