2月 28 2012

2月27日 外電と穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルは安く、週足一目雲上限を割り込んで引けました。短期的な買われすぎ感や、ギリシャ債務危機に向けたユーロ圏へのIMF資金増強要請が拒否された事から下げた模様。

 ユーロは安くもレンジ内。ムーディーズからギリシャのデフォルトリスクが高いと指摘された事から下げた模様。市場は3月1・2日に開催されるEU首脳会議に注目が集まっている様子。
 ダウはじり安レンジ内。
 CRB指数は安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金4月限はじり安レンジ内。G20でIMFへの資金強化を見送った事が嫌気された模様。ETFは増減なし。
 白金4月限はじり安レンジ内。一時は上げるも、金の下げに追随した模様。パラ6月限は安く、5日線を割り込んだ形。
 原油4月限は安くもレンジ内。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 2703万7000bu(3100万~3700万bu)
  主な成約先…日本1307.9万bu メキシコ676.3万bu

(大豆)
 3697万3000bu(3500万~4300万bu)
  主な成約先…中国2469.7万bu メキシコ286.1万bu

(小麦)
 937万5000bu(1700万~2200万bu)

 

 大豆5月限は高く、昨年10月の戻り高値を上抜いて確り。南米生産高の下方修正や輸出需要の増加をはやして買われた模様。この日の発表された中国向けの成約量は、前年同期比1060万bu程の減少。
 コーン5月限は高く、先週の実線高値を上抜いて確り。コーンの独自材料に欠ける中、大豆の上昇に追随。
 小麦5月限は高く確り。大豆の上昇にコーンが追随した事がファンドの買戻しが中心になった模様。

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。