2月 29 2012

2月29日 内外情報

<通貨・株式>
 NYドルはじり安レンジ内。2月の米消費者信頼感指数が予想以上に上昇し、1年ぶりの高水準になった事に反応。本日の日本時間では80.69円を上抜けるかが見所です。

 ユーロは高く、先週末の実線高値を抜いて確り。2月ユーロ圏景況感指数が2ヶ月連続して改善された事に反応。その後は、今晩のECBによる2回目の3年物資金供給オペを控えたポジション調整に押された様子。
 ダウはじり高で実線新値。本日の日経平均も高く新値抜き。週足レンジ上値で見ている9980.16円が視野に入って来ています。
 CRB指数は安く、広いレンジ内を推移中。

 

<工業品>
 金4月限は高く、先週末の実線高値を抜いて確り。この日の上値抵抗も抜いて引けています。シルバー5月限の大幅高に追随した模様。国内市場は、本日も為替に左右された動きとなっています。
 白金4月限は高くもレンジ内。シルバーや金の上昇に追随。パラ6月限も高くもレンジ内。
 原油4月限は安くもレンジ内。今晩米石油在庫統計を控えている事や月末を控えたポジション調整に押された模様。

 

<穀物>
 大豆5月限は高くもレンジ内。ブラジルが、2011-12年の生産高見通しを220万トン引き下げた事や、中国の買い付け期待感に反応。
 コーン5月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。中国の買い付け期待感や旧穀の供給逼迫懸念が見直されて買われた模様。
 小麦5月限は高くもレンジ内。もう一段上が欲しかった所。大豆やコーンの上昇でファンドの踏み上げが続いている様子。

 

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。