2月 03 2012

2月3日 外電抵抗値

 ドルは5日線76.30円を上抜けるか?今晩にのNY市場では米1月雇用統計の発表があります。現在の事前予想は…

 
 失業率:8.5%
 非農業部門雇用者数:14万4000人増加
 民間部門雇用者数:16万3000人増加

 

 今晩のNY市場でも5日線を上抜けるかが見所なのと、週足ギャップった円を上抜けるかも重要。
 ユーロは週足抵抗ドルを上抜けるかが見所。
 日経平は44.89円安の8831.93円で取引を終了。この日の下値抵抗を割り込んで引けました。週足ではレンジ内。今晩のダウは12529.41-12716.46ドルのレンジで見ています。

 

 今晩の外電レンジです。

 

<工業品>
 金4月限…1739.8-1767.8ドル
 白金4月限…1606.9-1634.6ドル
 パラ3月限…686.03-713.35ドル
 原油3月限…95.50-97.11ドル

<穀物>
 大豆3月限…1186.75-1227セント
 コーン3月限…630.75-654.75セント
 小麦3月限…660-680.50セント

 

 

 本日19時まで電話相談を延長致しますので、お気軽に直通フリーダイヤル(携帯からも可)0120-911-407までお電話下さい。

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

2月 03 2012

ドル・株式一口コメント

 ドルは5日線ラインの76.30円を上抜けるかが見所。

 

 日経平均は8835.52円を維持出来るか?又、週足レンジ下で見ている8751.29円も維持出来るか?

 

 

 商品は朝から小動きですが、本日は週足に注目!!

 

 

 14:00まで電話相談を致しておりますので、お気軽に直通フリーダイヤル(携帯からも可)0120-911-407までお電話下さい。

 

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

2月 03 2012

2月3日 外電と穀物輸出成約高

<通貨・株式>
 ドルはじり高。下値では日銀介入警戒感から、この日のレンジ内を推移。バーナンキ氏の発言は慎重姿勢で材料視されず。

 ユーロは安くもレンジ内。ギリシャ交換交渉が数日中に纏まるとの報から安値から回復。
 ダウはじり安レンジ内。
 CRB指数は安く、広いレンジ内を推移中。

 

<工業品>
 金4月限は高くも、この日の上値抵抗を抜けずにレンジ内。バーナンキ氏から、米景気は回復が酷く遅いとの発言からも買われた様子。本日も新値抜き。ETFは6.04トンの増加。
 白金4月限は高く新値抜き。南ア鉱山の供給不安が引き続きの材料。パラ3月限は高く、この日の上値抵抗を抜いてチャートがいいですね。
 原油3月限は安く、この日の下値抵抗割り込んで足取りは良くないですね。前日発表された米週間在庫統計で原油在庫の増加と、IAEAの調査団がイランを再訪して調査を続けるとの報が、イラン情勢緩和を連想させた模様。

 

<穀物>
 輸出成約高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 97万5000トン(70万~110万トン)
  主な成約先…メキシコ45万8200トン 日本30万3500トン

(大豆)
 36万8400トン(45万~75万トン)
  主な成約先…中国24万6200トン オランダ13万9000トン

(小麦)
 55万4100トン(50万~70万トン)

 

 大豆3月限はじり高レンジ内。コーンの反発や南米生産高の下方修正見通しから安値から買われた模様。
 コーン3月限はじり高レンジ内。この日の発表された輸出成約高が事前予想の範疇であるも、旧穀供給逼迫懸念やアルゼンチンの減産観測が広がり、100万トン近い成約量だった事や日本向けに10万トン以上の追加成約が確認された事・台湾業者の買い付けから、安値から回復した様子。
 小麦3月限は安くもレンジ内。大豆やコーンと比較して買い過剰感が台頭。

 

 又、米ゴールドマンサックスより穀物の相場見通しが発表され、コーン・大豆・小麦の3ヶ月・6ヶ月をそれぞれ引き上げた模様。12ヶ月見通しは、コーンと小麦が据え置き・大豆は上方修正。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。