2月 11 2012

月曜日重要:工業品・穀物

 来週月曜日の金と穀物の動向は重要です!!

 

 月曜日の引値間際の動向を見ながら仕掛けるチャンスとなるかもしれません!!

 

 今回も無料会員様を募集致します。

 

 

 ご登録は、画面右側の「お試し会員」とクリックして手続きして下さい。

 

 ご登録下さった方へは、月曜日~木曜日の夜間取引中に夜間と翌日のレンジやコメント・本日更新しました週間展望をご提供致します。

 

 

 この機会に皆様のお役に立てたら幸いです。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

2月 11 2012

2月11日 海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルはじり安。ユーロ圏財務相会合で、ギリシャの第2次支援の決定が見送られた事からドルの買い戻しの流れが中心となるも、千枚レンジ内を推移。この日の下値抵抗77.65円を割り込んでやや頭の重い展開。

 ユーロは大幅安。ギリシャ支援の見送りから失望感が広がり、この日の下値抵抗1.3219ドルを割り込んで足取りが悪いですね。
 ダウは安くも、日週足ではレンジ内を推移。
 CRB指数は安く、この日の下値抵抗を割り込んで引けました。

 

<工業品>
 13日の建玉より、金とシルバー・白金族の証拠金を引き下げる模様。
 金4月限は安くも、この日の下値抵抗を維持してレンジ内。ギリシャ支援の見送りから戻り売りが優勢。しかし、15日にユーロ圏財務相が臨時総会を開く予定から安値から19ドル程戻った様子。
 白金3月限は安くもレンジ内。ギリシャ支援の遅れから下げ幅を拡大するも、南アインパラ社の鉱山ストが3週間続いている事や、ユーロ財務相臨時総会が15日に開かれる事から買戻しが入り、安値から28ドル戻した模様。パラ3月限も安くもレンジ内。白金の戻りを好感し、安値から9ドル程戻した模様。
 原油3月限は安くも広いレンジ内。ギリシャ支援の見送りや中国の1月石油輸入が2年3ヶ月ぶりに減少した事が圧迫要因。下値では、イラン情勢等の地政学リスクが意識されて安値から1.55ドル持ち直す。

 

<穀物>
 大豆3月限はじり高レンジ内。中国から12万トンの成約が発表された事や、南米生産高の下方修正から買われるも、ギリシャ支援の見送りや降雨による南米作柄改善観測が圧迫要因となり、利食い売りが優勢。最終的には、コーンとのスプレッド買いが入り下げ幅を縮小。
 コーン3月限は安くも、この日の下値抵抗を維持してレンジ内。前日の需給報告で期末在庫が下方修正され、エジプトから24万トンの成約が入った事に反応するも、南米の降雨による作柄改善観測やギリシャ支援の見送りから戻りを売られた模様。大豆とのスプレッド売りも膨らんだ様子。
 小麦3月限は安く、この日の下値抵抗や一目雲下限・基準線を割り込んで足取りが悪いですね。コーンの下値追いに追随した事や、世界の小麦在庫を300万トン上方修正した事が圧迫要因。

 

 

 尚、2月7日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

<工業品>
 金…177507枚(171359枚)
 銀…23587枚(19091枚)
 白金…25639枚(24976枚)
 パラ…40544枚(8695枚)
 原油…168885枚(170699枚)

<穀物・ソフト系>
 コーン…228588枚(212164枚)
 大豆…73587枚(55388枚)
 コーヒー…10447枚(8641枚)
 粗糖…64569枚(72748枚)

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。