3月 28 2012

3月28日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは高く、週足上値抵抗82.88円を上抜いて確り。バーナンキ氏が、「金融緩和は雇用の大幅拡大をもたらす為に重要」と発言した事から円が下落。

 ユーロは安くレンジ内。欧州株式の下落に追随。
 ダウは安く、前日上抜いた週足上値抵抗13232.62ドルを割り込んで引けました。
 CRB指数はじり高レンジ内。

 

<工業品>
 金4月限はじり安。この日の上値抵抗を抜けずに頭の重い展開。前日からのバーナンキ氏発言で、1700ドルを上抜けなかった事に反応。ETFは2.12トンの減少。
 白金4月限は高くもレンジ内。ドル高による株式・原油・金の反落に追随。パラ6月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。
 原油5月限はじり高。この日の上値抵抗を抜けずに頭の重い展開。

 

<穀物>
 大豆5月限は安くもレンジ内。中国向けに大豆12万トンの成約が発表されて上げるも、輸出向け現物べーシスの低下や原油の急落でマイナスサイドになった模様。
 コーン5月限は安く、今月の実線新値を下抜いて引けました。作付面積の増加観測や、産地の気温上昇で作付けが早まる可能性が高くなっている事も圧迫要因。
 小麦5月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで引けました。大豆の急落に伴って世界供給が潤沢である事が再浮上した模様。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。