3月 30 2012

3月30日 外電と穀物輸出成約高

<通貨・株式>
 ドルは安くも、この日の下値抵抗を維持してレンジ内。S&Pからギリシャが債務再編に迫られる公算があるとのみ方を示した事からリスク回避の動きに押された様子。

 ユーロは安くもレンジ内。ギリシャ債務再編の可能性の思惑や、ユーロ圏内景気指数が予想外に低下した事に押された模様。
 ダウはじり高レンジ内。
 CRB指数は大幅安。この日の下値抵抗を割り込んで足取りが悪くなって来ました。

 

<工業品>
 金6月限は安くもレンジ内。相場下落でもインドや中国の現物需要が盛り上がらない事や、米経済指標の内容の悪さによる株式や原油安に押された模様。ETFは増減なし。
 白金7月限は安い。米週間新規失業保険申請件数が35万9000件と、事前予想の35万件を上回った事に対する米景気減速懸念で失速。パラ6月限は安くもレンジ内。
 原油5月限は大幅安。この日の下値抵抗を割り込んで足取りが悪くなって来ました。原油価格の上昇を抑える石油備蓄在庫の放出で、主要各国が合意に近付いているとの認識から下げた模様。

 

<穀物>
 輸出成約高(()は事前予想)と、今晩の農務省需給報告(()は前年実績)は下記の通り。

 

(コーン)
 15万7700トン(60万~90万トン)
  主な成約先…日本12万6200トン メキシコ4万8200トン

 四半期在庫:61.51億bu(65.23億bu)
 作付意向面積:9470万ヘクタール(9192.1万ヘクタール)

(大豆)
 59万2300トン(45万~75万トン)
  主な成約先…中国26万4800トン メキシコ12万8100トン

 四半期在庫:13.61億bu(12.49億bu)
 作付意向面積:7550万ヘクタール(7497.6万ヘクタール)

(小麦)
 40万3100トン(45万~75万トン)

 

 

 大豆5月限は安くもレンジ内。米景気減速懸念から株式や原油が下げた事に追随。今晩の農務省発表を控えて買玉を手仕舞いして軽くする動きが中心となった模様。この日の中国向けの輸出成約高は、前年同期比8万トン程の増加。
 コーン5月限は安く、この日の安値を割り込んで足取りが悪いですね。丁重な輸出成約高や、今晩の農務省発表事前予想で、作付面積増加予想となっている事が圧迫材料。ファンドの手仕舞い売りが中心となった様子。
 小麦5月限も大幅安。世界小麦供給が潤沢な事や、輸出成約高が事前予想を下回った事に反応。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。