5月 18 2012

5月18日 外電報告と穀物輸出成約高

<通貨・株式>
 ドルは安く、80円を割り込んだ状態。スペインの入札での利回り上昇や米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによるスペインの銀行の格下げの思惑等、欧州債務危機の悪化懸念を背景にリスク回避の動きに押さえられた模様。又、米連邦準備制度理事会(FRB)による追加の量的金融緩和の可能性が高まったとの見方下押された様子。
 ユーロは安く、週足下値抵抗で見ていた1.2755ドルを上抜けずに頭の重い展開。
 ダウは安く、週足下値抵抗で見ていた12479.73ドルを割り込んで頭の重い状態。本日の日経平均は週足下値抵抗8643.75円を維持出来るかがポイント。

 

 

 

<商品>
 本日は貴金属高の原油安となる中穀物は確り。穀物の輸出成約高の発表がありました。()は事前予想。
             

 

(コーン)
 86万5100トン(80万~140万トン)
  主な成約先…日本25万9400トン 仕向け地不明23万4800トン 中国18万4400トン
(大豆) 
 67万3400トン(110万~160万トン)
  主な成約先…仕向け地不明15万9500トン 中国11万1100トン メキシコ9万2900トン

(小麦)         
 71万1400トン(40万~ 85万トン)

 

 

 中国の買い付け期待から両市場高く、コーンは農家の売り渋りによる現物の上昇が背景。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。