6月 26 2012

6月26日 外電と穀物輸出検証高・作況報告

<通貨・株式>
 ドルは安く、先週出来たギャップを埋めた形。国際決済銀行(BIS)が、先進国の政府による財政強化への取り組みが不十分な中で、中央銀行が景気回復を後押しする能力が限られていると指摘した事や、今週末に行われるEU首脳会議での期待が後退した事に反応。

 ユーロは安く、この日の下値抵抗を割り込んで引けました。EU首脳会議で、抜本的な域内債務危機対応策が打ち出される事への懐疑的な見方が広がった件や、メルケル独首相がユーロ共同債構想を否定した事による株式の下落に追随。
 ダウは安くもレンジ内。
 CRB指数は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。

 

<工業品>
 金8月限は高く、この日の狭いレンジを上抜いて確り。格付け会社フィッチが、ギプロスの格付けを「投資不適格」に引き下げた事や、EU首脳会議に対する悲観的な見方・スペインが正式に銀行支援を要請した事による逃避買いが入った模様。ETFは増減なし。
 白金7月限はじり高レンジ内。金の上昇に追随した事や、米景気減速による米追加緩和期待で上げた模様。パラ9月限はじり高レンジ内。他金属の上昇に追随するも、EUサミットへの期待後退や米経済統計の悪さで上げ幅を縮小。
 原油8月限は安くもレンジ内。EU・BIS・株式の下落に追随するも、安値から1ドル強戻した形。

 

<穀物>
 輸出検証高(()は事前予想)と作況の発表がありました。

 

(コーン)
 2701万2000bu(2000万~2500万bu)
  主な成約先…日本873.4万bu メキシコ559.3万bu 中国544.2万bu

 シルキング:10%(平年3%)
 良以上  :56%(前年同期68%)
 劣以下  :14%(前年同期9%)

(大豆)
 918万2000bu(1000万~1500万bu)
  主な成約先…中国427.5万bu 日本99.7万bu マレーシア91.9万bu

 開花 :12%(平年4%)
 良以上:53%(前年同期65%)
 劣以下:15%(前年同期8%)

(小麦)
 1948万4000bu(1800万~2500万bu)
  
 収穫 :59%(平年27%)
 良以上:77%(前年同期69%)
 劣以下:4%(前年同期4%)

 

 

 穀物は高いですね。今後10日間産地に高温乾燥天候予想が出された事に反応。大豆の輸出成約は、前年同期比200万程の増加。引け後の作況報告の良以上の内容も、事前予想より悪い内容になっており夜間が反応中。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。