6月 20 2012

マーケットコメント

 ドルは79.02円を上抜いて引けるかがポイント。

 

 日経平均は8708.50円を上抜いた状態で引けるか?

 

 

 商品は穀物高の工業品安です。今週の動きで流れに変化が出て来ました。週末の動向を見ながら来週の方針を立てたいと思います。

 

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

6月 20 2012

6月20日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルはじり安レンジ内。市場の関心はG20やFOMCに集まる中、スペインの12ヶ月物・18ヶ月物の応札額が目標上限に達した事で、欧州債務危機が若干後退してユーロ高となりクロス円の上昇が背景。

 ダウは高く、日週足共に良好です。
 CRB指数は高くも日週足レンジ内。

 

<工業品>
 金8月限は安く、この日の上値抵抗を抜ききれずに頭の重い展開。前日はスペインの国債利回りの上昇から逃避買いが入ったが、本日は同国の12ヶ月・18ヶ月物の需要が良好だった事から安全への逃避買いが解消された模様。ETFは増減なし。
 白金7月限はじり安レンジ内。金の下落に追随して頭の重い展開。パラ9月限は安くレンジ内。貴金属の下落に追随するも、米追加金融緩和や株・原油高でこの日の下値抵抗を維持した形。
 原油8月限は高くもレンジ内。スペインの入札が順調であった事や株の上昇に追随するも、FOMC待ちといった所。

 

<穀物>
 大豆7月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。今後10日間の高温乾燥天候や作柄悪化・大口成約・アルゼンチンの取引所から発表された、同国の大豆生産高見通しの下方修正が要因。
 コーン7月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。降雨不足による作柄悪化や高温乾燥天候予報が出されて買われた模様。モルガンスタンレーから、夏後半まで天候が回復しなければ更に上値を追うと予想した事にも反応。
 小麦7月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。降雨不足により、ロシアや豪州の小麦生産高見通しが下方修正された事に反応。

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。