7月 12 2012

7月12日 外電と穀物需給報告

<通貨・株式>
 ドルは高くもレンジ内。この日の発表されたFOMC議事録では、追加金融緩和を主張したメンバーが少なく特に材料視されなかった模様。

 ユーロは安く新値抜き。世界景気減速やECBの追加利下げの思惑・株式の下落に追随。
 ダウは安くもレンジ内。
 CRB指数はじり高レンジ内。

 

<工業品> 
 金8月限は安くもレンジ内。独憲法裁判所が、欧州安定メカニズム(QE3)や財政協定に関する裁判に時間が掛かるとした事で欧州債務懸念が広がった模様。ETFは4.22トンの減少。
 白金10月限はじり高レンジ内。FOMC待ちの買い戻しが中心。パラ9月限も高くレンジ内。白金同様の材料。
 原油8月限は高くもレンジ内。この日に発表された週間在庫統計で、原油在庫が予想以上に減少した事に反応。

 

<穀物>
 需給報告は下記の通り。()は前月内容。

 

(コーン)
 作付面積:9190万エーカー(9590万エーカー)
 単収  :146.0bu(166.0bu)
 供給合計:139億300万bu(156億5600万bu)
 消費合計:127億2000万bu(137億7500万bu)
 期末在庫:11億8300万bu(18億8100万bu)
 在庫率 :9.3%(13.7%)

(大豆)
 作付面積:7610万エーカー(7390万エーカー)
 単収  :40.5bu(43.9bu)
 供給合計:32億3500万bu(33億9500万bu)
 消費合計:31億500万bu(32億5500万bu)
 期末在庫:1億3000万bu(1億4000万bu)
 在庫率 :4.2%(4.3%)

 

 大豆・コーン共に、強気の需給報告を受けた買いで高値更新となるも、コーンは旧穀の期末在庫上方修正・需要の大幅下方修正・米南東部の降雨で利食い売りが中心となって、高値から35セント程の下落。大豆も高値から50セント程の下落して引けています。小麦9月限は5日線を維持して確り。本日の結果を受けて、唯一の陽線引けです。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。