7月 19 2012

7月19日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは安くもこの日のレンジ内。追加金融緩和期待や米金利低下が圧迫。

 ユーロは安くもレンジ内。メルケル独首相が欧州プロジェクトの脅威を指摘した欧州債務危機の深刻化で下げるも、株式の上昇に反応して陽線引け。
 ダウは高く、この日の上値抵抗を抜いて日週足で確り。
 CRB指数は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。

 

<工業品>
 金8月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んでいます。バーナンキ氏の議会発言で、この日も早期追加緩和を示唆する発言がなかった事に反応。ETFは増減なし。
 白金10月限は安くもレンジ内。バーナンキ氏発言に対する失望売りで押された模様。パラ9月限も同材料で安くもレンジ内。
 原油9月限は高くもレンジ内。株式の上昇や、この日の発表された米週間在庫統計で原油在庫が予想外に減少した事に反応。

 

<穀物>
 穀物は全面高。ビルサック米農務長官が「この25年でもっとも深刻な状態。」とし、新たに8州39郡を干ばつ被災地域に指定した為に上昇した模様。来週の熱波予報も支援材料。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。