8月 23 2012

8月23日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは安く、この日のレンジを割った状態。米FOMCで早期追加金融緩和観測を強める内容になった為に下げた模様。

 ユーロは高くもレンジ内。米国早期追加金融緩和の思惑が広がって上げた模様。
 ダウは安く、この日の下値抵抗を割り込んだ状態。
 CRB指数はじり高レンジ内。

 

<工業品>
 金12月限はじり安レンジ内。FOMC前の様子見ムードとなるも、立会い終了後に持ち直している様子。
 白金10月限は高くもレンジ内。南ア・ロンミンのストが収拾に向かいつつも、労組間対立が南ア全体に波及しそうな事から買い拾われた模様。パラ9月限は高くもレンジ内。FOMC前の買い戻しであ上げた模様。
 原油10月限はじり高レンジ内。

 

<穀物>
 大豆11月限はじり安レンジ内。ネブラスカ州・インディアナ州のさや数が前年実績を下回るも、事前予想を上回った事・週末からの降雨予報に反応。
 コーン9月限はじり安レンジ内。ネブラスカやインディアナの単収が事前予想を上回った事に反応するも、アイオワ・オハイオの早期収穫単収が100buを下回った事で安値からは切り返した形。
 小麦9月限はじり安レンジ内。降雨による小麦産地の土壌水分改善や、世界小麦の供給が潤沢である事に反応。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。