8月 28 2012

8月28日  外電と穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルはじり高。この日の上値抵抗をお抜いてマズマズ。31日に予定されているバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の講演の内容を見極めたいとの気分が強まっている模様。
 ユーロはじり安レンジ内。材料に欠ける中方向間のない動き。
 ダウはじり安レンジ内。

<工業品>
 金12月限はじり高レンジ内。中国、欧州、米国の追加緩和期待が引き続き、相場を下支えた。31日にバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、量的緩和第三弾(QE3)期待が高まるも、インドの現物需要が盛り上がらない事から上値も重い展開。ETFは増減なし。
 白金10月限はじり安レンジ内。南アの鉱山ストのニュースがなかった事で、利食い売りが先行した模様。パラ12月限は高くも、この日の上値抵抗を伸ばせずに頭の重い展開。
 原油10月限は安く、この日の下値抵抗を割って足取りがイマイチ。

<穀物>
 輸出検証高(()は事前予想)と作況の発表がありました。

(コーン)
 1445万8000bu(1900万~2600万bu)
  主な成約先…日本405.7万bu メキシコ287.9万bu 中国213.4万bu

 ドゥ :95%(平年81%)
 デント:76%(平年46%)
 成熟 :26%(平年8%)
 収穫 :6%(平年2%)
 良以上:22%(前年同期54%)
 劣以下:52%(前年同期19%)

(大豆)
 1740万7000bu(1900万~2700万bu)
  主な成約先…中国1096.2万bu メキシコ178.6万bu インドネシア133.7万bu

 着ザヤ:96%(平年91%)
 落葉 :8%(平年4%)
 良以上:30%(前年同期57%)
 劣以下:38%(前年同期15%)

(小麦)
 1888万4000bu(1800万~2400万bu)

 収穫 :89%(平年57%)
 

 大豆11月限は安い。週間輸出検証高が事前予想を下回った事や、産地の降雨予
報による作柄改善観測が圧迫した模様。
 コーン12月限は安くもレンジ内。強弱材料まちまちとなって方向感のない状態。
 小麦12月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで押し目形成のチャート。エジプトがロシア産・ルーマニア産合計で小麦18万トン買い付けたことが圧迫。カンザス州・オクラホマ州に先週雨が降ったことも嫌気された模様。

  本日も宜しくお願い致します。  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。