8月 01 2012

8月1日 外電抵抗値

 ドルは78.02円を維持して引けるか?今晩のNY市場では78.00-78.44円のレンジで見ています。
 ユーロは1.2248-1.2348ドルのレンジで見ています。
 日経平均は53.21円安の8641.85円で取引を終了。一目雲下限を維持して確り。今晩のダウは12908.62-13105.70ドルのレンジで見ています。

 

 今晩の外電レンジです。

 

<工業品>
 金12月限…1612.7-1628.3ドル
 白金10月限…1411.2-1441.4ドル
 パラ9月限…580.35-591.00ドル
 原油9月限…86.72-90.95ドル

<穀物>
 大豆11月限…1629.75-1641.00セント
 コーン9月限…下値抵抗 5日線
 小麦9月限…下値抵抗 862.50セント

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 01 2012

マーケットコメント

 ドルは78.02円を維持出来るか?

 

 日経平均はレンジ内。一目雲下限を維持出来るか?

 

 商品は全面安となっており、本日の引値はポイントになりそうです。

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 01 2012

8月1日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルはじり安レンジ内。引き続き介入警戒感や、6月個人支出が予想外に前月比変わらずとなって消費の弱さが確認されるも、7月消費者信頼感指数はが予想外に上昇した為に下値も限定的だった模様。

 ユーロは高くもレンジ内。明日のECB理事会で、欧州債務危機悪化阻止に向けた措置が発表されるとの楽観ムードの強まりや、月末のポジション調整で上げた模様。
 ダウは安くもレンジ内。
 CRB指数は安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金12月限は安くもレンジ内。主要米経済指標の内容が良かった事で、米追加金融緩和観測が後退した模様。ETFは増減なし。
 白金10月限はじり高レンジ内。主要米経済指標の内容で緩和観測が後退した事や、株式・金・原油の下落に追随。パラ9月限はじり高レンジ内。白金と同様の材料でもう一段高となれずに頭の重い展開。
 原油9月限は安くもレンジ内。今回のFOMCでも追加景気刺激策が打ち出されそうもない事から、月末がらみのポジション調整で押された模様。

 

<穀物>
 大豆11月限はじり安レンジ内。米国追加金融緩和の後退や月末のファンドの手仕舞いに押された模様。
 コーン9月限は安い。米経済指標の改善による追加金融緩和観測の後退や、月末の整理売りに押された様子。引き続き高温乾燥天候となる中、降雨が予報された事も要因。
 小麦9月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで頭が重くなっています。春小麦の増産観測や、カナダの豊作観測・ロシアの穀物輸出禁止の噂が否定された事に反応。

 

 

 今月も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。