8月 31 2012

8月31日 外電抵抗値

 今晩の日本時間23:00にバーナンキ氏の公演があります。市場の関心は米追加金融緩和をするのかに集まっており、今晩の発言をきっかけに大きく動いて来るかが見ものです。本日の日経平均は、143.87円安の8839.91円で取引を終了。この材料を受けた手仕舞い売りに押されたのか、週足下値抵抗や日足下値抵抗を割り込んで足取りが悪い状態です。

 今晩の外電レンジです。

<指標系>
 ドル…78.32-79.27円
 ユーロ…1.2398・1.2503-1.2570ドル
 ダウ…12908.70-13107.48ドル
 CRB指数…302.98-308.46

<工業品>
 金12月限…1636.3-1675.6ドル
 白金10月限…1478.9-1525.9ドル
 パラ12月限…608.10-624.98ドル
 原油10月限…91.19-96.94ドル

<穀物>
 大豆11月限…下値抵抗 5日線
 コーン12月限…793.25-823.75セント
 小麦12月限…875.75-916.75セント

 今週も本当にお疲れ様でした。  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 31 2012

一口コメント

 ドルは78.36円を維持出来るか?

 

 
 日経平均は週足抵抗9018.49円を維持出来るか?

 

 

 商品は、今晩のバーナンキ氏公演を控えて頭の重い展開です。本日重要な銘柄もあるのでジックリ追いかけて行きます!!

 

 

 後場も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

8月 31 2012

8月30日 外電と穀物輸出成約高

<通貨・株式>
 ドルはじり安レンジ内。今晩のバーナンキ氏の公演を控えて方向感のない動き。

 ユーロは安くもレンジ内。スロバキアのフィッツオ首相が、ユーロ圏崩壊の可能性が五分五分と発言した事に反応。
 ダウは安く、この日の下値抵抗を割り込んで足取りが悪くなっています。
 CRB指数は安くもレンジ内。

 

<工業品>
 工業品は全体的に頭が重く、本日考えていた下値抵抗を割り込んで足取りが悪くなっています。ユーロ圏景気信頼感指数が2009年後半の水準に低下した事や、7月米個人消費が5ヶ月ぶりの伸びとなった事・ECB総裁が、QE3に対して懐疑的な見方をした事によるドル高・株安も圧迫要因。今晩のバーナンキ氏公演を前に下値探りとなっています。

 

<穀物>
 輸出成約高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 13万4700トン(25万~50万トン)
  主な成約先…日本13万6400トン 中国5万7900トン グアマテラ2万6300トン

(大豆)
 72万1300トン(50万~80万トン)
  主な成約先…中国30万1300トン 仕向け地不明17万6000トン ベトナム6万6000トン

(小麦)
 50万9300トン(40万~70万トン)

 

 

 大豆11月限は高く新値抜き。高値での輸出が好調な事や熱帯低気圧「アイザック」による作柄懸念で上げた模様。中国向けの成約高は、前年同期比6万トン程の増加。
 コーン12月限は安くもレンジ内。成約高が事前予想を下回った事や、ドル高・株安・原油安に反応。
 小麦12月限はじり安レンジ内。今晩のロシア農業省会議を控え、穀物輸禁のの可能性を否定するも何らかの輸出制限がなされるのではとの思惑で買われるも、コーンの下落に追随。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。