9月 21 2012

9月21日 外電と穀物輸出成約高

<通貨・株式>
 ドルは安く、この日のレンジを下に割り込んだ状態。欧州債務危機による世界経済原則懸念や、中国の製造業購買担当者指数(PMI)が11ヶ月連続して50を割り込んだ為の景気減速に圧迫。

 ユーロは安くもレンジ内。欧州債務危機が世界経済原則を脅かしている事で下げるも、EUがスペイン救済へ向けての計画を話し合っているとの報で下げ幅を減少。
 ダウはじり高レンジ内。
 CRB指数は安く、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。

 

<工業品>
 金12月限はじり安レンジ内。中国PMIの内容の悪さや、米週間在庫統計の内容の悪さで下げるも、世界の金融緩和で下げ幅を縮小。
 白金10月限は安くもレンジ内。南ア鉱山のスト収束が嫌気された様子。パラ12月限は安く広いレンジ内を推移。
 原油11月限はじり高。日米中の経済発表の内容の悪さや、前日発表された米週間在庫統計で原油在庫の急増が評価されている模様。

 

<穀物>
 輸出成約高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 6万9900トン(30万~40万トン)
  主な成約先…日本17万8700トン メキシコ5万5500トン コロンビア3万トン

(大豆)
 71万7700トン(60万~80万トン)
  主な成約先…中国23万7200トン 仕向け地不明13万4400トン エジプト6万トン

(小麦)
 48万8900トン(30万~40万トン)

 

 

 大豆11月限は大幅安。収穫進展によるハーベストプレッシャーや中国の景気減速懸念・南米の土壌水分改善に反応。中国向けの輸出成約は、前年同期比61万トン程の減少。
 コーン12月限は安くもレンジ内。収穫進展によるハーベストプレッシャーや輸出の低迷・ファンドの手仕舞い売りが膨らんだ事で下げ幅を拡大。
 小麦12月限はじり安レンジ内。米国産小麦の輸出の出遅れや豪州産地での降雨予報・中国景気減速も圧迫要因。

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。