10月 16 2012

10月16日 外電と穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルは高くもレンジ内。9月の米小売売上高が事前予想を0.3%上抜く1.1%となった事に反応。

 ユーロはじり高レンジ内。18-19日のEU首脳会談でスペインが支援要請に踏み切るか不透明な事から上げ幅を縮小。
 ダウは高く週足では確り。日足はレンジ内。
 CRB指数は安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金12月限は安く、この日の抵抗を上抜けずに頭の重い展開。米経済発表によるQE3の期間短縮懸念で下落。ETFは増減なし。
 白金1月限も安く、この日の抵抗を割ったままで下値探りの展開。第3四半期の中国GDPの発表を木曜日に控え、中国の景気減速懸念から下げた模様。パラ12月限も安く、この日の抵抗を維持出来ずに頭が重い展開。
 原油12月限はじり高レンジ内。世界景気減速や米需要の弱さで上げ幅を拡大出来ず。

 

<穀物>
 輸出検証高(()は事前予想)と作況の発表がありました。

 

(コーン)
 1723万5000bu(1400万~1800万bu)
  主な成約先…日本981.8万bu メキシコ319.7万bu 台湾120.6万bu

 収穫 :79%(平年38%)

(大豆)
 5782万4000bu(4100万~4500万bu)

 落葉 :96%(平年95%)
 収穫 :71%(平年58%)

(小麦)
 700万3000bu(1800万~2200万bu)

 作付け:71%(平年71%)
 発芽 :36%(平年44%)

 

 大豆11月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。米国生産高の上方修正やハーベストプレッシャーによるファン道理に反応。中国向けの成約は、前年同期比100万bu程の減少。
 コーン12月限は安く、この日の下値抵抗を割って頭の重い展開。引き続きハーベストプレッシャーや大豆の下げに追随。
 小麦12月限は安く、一目雲下限を割り込んだ状態。輸出検証高の低調さに反応。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。