10月 04 2012

10月4日 外電と穀物事前予想

<通貨・株式>
 ドルは高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。米9月民間雇用統計での雇用者数は16万2000人増加と事前予想を上回った事や、9月ISM非製造業景況指数が55.1と事前予想の53.4を上回った事・中尾財務官が円高牽制発言をした事に反応。

 ユーロはじり安レンジ内。依然としてスペインの支援要請の不透明感や、9月中国非製造業購買担当者指数が低下した事・9月ユーロ圏総合景気指数改定値が、8ヶ月連続して判断基準の50を下回った事が嫌気された様子。
 ダウはじり高レンジ内。
 CRB指数は安く、この日の下値抵抗を割り込んで広いレンジを推移。

 

<工業品>
 金12月限はじり高レンジ内。中国の休日・インドの現物需要の低迷・今晩ECB理事会を控えている事・米雇用統計を週末に控えている事から様子見ムードとなっている様子。ETFは増減なし。
 白金1月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。南ア鉱山のアングロアメリカンプラチナム・アングロゴールドアシャンティー・ゴールドフィールズ・ぺトラダイヤモンズと、他からも鉱山ストが続いている事が要因。パラ12月限は高くもレンジ内。
 原油11月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。この日の発表された米週間在庫統計で、原油在庫が予想外に減少するも過去4週間平均の相燃料需要が半年振りの低水準となっている事に反応。

 

<穀物>
 FCストーンから生産高見通しと単収の事前予想が発表されました。()は前月農務省見通し。

 

コーン
 生産高:108億2400万bu(107億2700万bu)
 単収 :123.9bu(122.8bu)

大豆
 生産高:28億4900万bu(26億3400万bu)
 単収 :38.2bu(35.3bu)

 

 大豆11月限はじり高レンジ内。上記の発表で下げるも、需要が旺盛な事や産地の降雨で収穫が遅れるとの見方から戻した様子。
 コーン12月限はじり安レンジ内。上記事前予想とハーベストプレッシャーに反応。
 小麦12月限はじり高レンジ内。収穫進展や輸出需要が伸び悩んでいる事から下げるも、安値から15セント程戻した形。

 

 

 

 無料会員様募集中!!

 

 

 ご登録下さった方へは、1週間お電話でのトレード相談や日々の相場観・各銘柄の日々レンジ報告・週末更新致しました週間展望による各銘柄のレンジや情報提供を致します。

 

 ご登録は画面右側「お試し会員様募集中!!」をクリック!!

 

 

 週末まで重要です!!

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。