10月 06 2012

10月6日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは高くも週足レンジ内。9月の米雇用統計で非農業部門雇用者数は11万4000人増とがほぼ予想(11万5000人増)通りとなる一方、前月の雇用者数は14万2000人増と前回発表(9万6000人増)から大きく上方修正された。また、失業率は7.8%と予想外に低下し、2009年1月以来の低水準となった事に反応。
 ユーロはじり高レンジ内。9月米雇用統計の内容に反応するも上げ幅を拡大出来ず。
 ダウは高く、日週足共に上値指向のチャート。

<工業品>
 金12月限は安くもレンジ内。米9月雇用統計での失業率の失業率の低下で、量的緩和第三弾(QE3)の期間が短縮されるとの見方が広がった模様。ETFは9.94トンの増加。
 白金1月限は安くもレンジ内。金同様の材料で手仕舞い売りが膨らんだ模様。パラ12月限は安くも広いレンジ内。他貴金属や原油の下落・株式が高値から押された事に反応。
 原油11月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。3日発表の米エネルギー情報局(EIA)統計で原油生産高が1996年12月以来の高水準となり、引き続き供給過剰懸念が圧力となった模様。

<穀物>
 大豆11月限は前日比変わらず。相場が下げれば中国の大口買いが入りやすくなる事から下げても戻す展開。
 コーン12月限は安く、750セントを割り込んだ形。新規支援材料に欠ける事から上値が伸びず、ハーベスト・プレッシャーや生産高の上方修正予想に反応。
 小麦12月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。世界小麦供給が潤沢な事や、米国産小麦に対する輸出需要が盛り上がらない事が圧迫した模様。

 尚、10月2日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 金…208396枚(203896枚)
 銀…38118枚(34010枚)
 白金1月限…42120枚(38723枚)
 パラ…11779枚(11918枚)
 原油…215880枚(231297枚)
 コーン…318539枚(317033枚)
 大豆…213487枚(217686枚)

 今週も本当にお疲れ様でした。  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。