11月 24 2012

11月23日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは小動き。週足上値抵抗を抜けず。引き続き自民党の安倍総裁の一連の発言から、来月の衆議院総選挙で政権交代となれば、日銀の追加緩和圧力が強まるとの観測が根強い事が下支えとなった様子。
 ユーロは高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。欧米株式相場の上昇や、週明け26日のユーロ圏財務相会合でのギリシャ支援合意への楽観ムードの広がりから変われた模様。
 ダウは高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。

<工業品>
 金12月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。ギリシャ財務相が国際通貨基金(IMF)はギリシャ債務削減目標の緩和で合意と発言した事から、週明け26日のユーロ圏財務相臨時会合は追加融資で合意との観測が広まった模様。ETFは増減なし。
 白金1月限は高く、広いレンジ内を推移。国際通貨基金(IMF)がギリシャ債務削減目標の緩和で合意と伝えられた為、週明け26日のユーロ圏財務相臨時会合での融資合意に対する期待が高まった模様。パラ12月限は高く広いレンジ内。中国製造業の景気回復に続き、ドイツ景況感指数の上昇も強材料。ユーロ圏財務相臨時会合で、ギリシャ向けの融資合意に対する期待が高まり上げた模様。
 原油1月限は高い。11月の独企業景況感指数の予想外の上昇や、欧米株式相場が上昇した事に反応。また、イスラエル兵がパレスチナ人に発砲し1人が死亡したとの報が伝わった事も支援材料。

<穀物>
 輸出成約高の発表がありました。

(コーン)
 95万8600トン(事前予想:25万~50万トン)
  主な成約先…日本64万6500トン 仕向け地不明9万8900トン グアテマラ6万3300トン

(大豆)
 54万3600トン(事前予想:40万~65万トン)
  主な成約先…中国39万4700トン 日本10万5400トン オランダ9万8400トン 仕向け地不明31万2800トンのキャンセル

(小麦)
 63万7600トン(事前予想:20万~45万トン)

 大豆1月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。アルゼンチンの降雨予報による作付け遅れ懸念や、大豆油の大口成約・ドル安・株高・原油高の加速も支援材料。
 コーン12月限はじり高で、この日の上値抵抗を抜いて確り。週間輸出成約高が事前予想を大きく上回り、ブラジルの船積み遅れによるアジア勢の米国産買い付け期待が裏付けられる格好。
 小麦12月限はじり高レンジ内。週間輸出成約高が事前予想を上回った事や、大豆・コーンの上昇ニ追随。

 今週も本当にお疲れ様でした。  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。