12月 18 2012

12月18比 外伝報告・穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルは高く新値抜き。衆議院選挙での自民公明圧勝から買われるも、19-20日の日銀金融政策決定会合に注目が集まって上値を伸ばすには至れず。

 ユーロはジリ高。先週の一連のユーロ圏ビッグイベントが終了し、欧州債務危機の後退観測から買われるも、米財政協議で共和党提案の富裕層増税に民主党が反対した事で、米財政協議に対する不安感から上値を伸ばせなかった様子。
 ダウは高くもレンジ内。

 

<工業品>
 金2月限はじり高レンジ内。米財政協議が難航する中、反対側の共和党から富裕層増税を認める提案があった事から、解決に向けた圧力が高まるとの見方から安値から切り返した模様。ETFは増減なし。
 白金1月限は安くもレンジ内。共和党の富裕層増税を認める提案があった事から安値から若干の回復を見せた様子。パラ3月限は安くもレンジ内。株式や原油の反発に反応。
 ガソリン1月限はじり安レンジ内。原油はイスラエルのネタニヤフ首相発言や、米株式の上昇等に反応するも、ガソリンは利食い売りで押された模様。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 1501万6000bu(900万~1400万bu)
  主な成約先・・・中国675.9万bu 日本377.2万bu サウジアラビア260.9万bu

(大豆)
 3699万bu(4000万~4600万bu)
  主な成約先・・・中国2618.7万bu トルコ251.9万bu サウジアラビア242.5万bu

(小麦)
 1635万5000bu(1100万~1600万bu)

 

 大豆1月限はじり高レンジ内。1500セント達成や、南米の作付免責増加観測・他穀物の下げで上げ幅を縮小。中国向けの成約は、前年同期比650万bu程の増加。
 コーン3月限は安くもレンジ内。新規支援材料に欠ける中、検証高が事前予想を上回った事や、原油や株式の上昇に反応。
 小麦3月限は安くもレンジ内。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。