12月 29 2012

12月29日 外電・穀物輸出成約高・海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルはじり安。オバマ氏が、規模を縮小した財政パッケージを提示する見込みとなった事から、財政協議の行方に関心が集まっって方向感のない動き。週足は確り。

 ユーロはじり安レンジ内。
 ダウは安く、この日の下値抵抗や週足レンジを切り下げて下値探りの罫線となっています。

 

<工業品>
 金2月限は安くもレンジ内。オバマ氏の議会指導部は本日から協議を再開。下院は明日から議論を再開する方針。これを受けた買玉の手仕舞いに押された様子。ETFは増減なし。
 白金4月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んで下値探りの展開。米財政協議の不透明感で下げた模様。パラ3月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んだ状態。
 ガソリン1月限は安くもレンジ内。この日の発表された米週間在庫統計で、ガソリン在庫が予想以上に増加した事に反応。

 

<穀物>
 輸出成約高の発表がありました。

 

(コーン)
 10万4300トン(11万~30万トン)
  主な成約先…メキシコ6万900トン 日本4万5100トン コロンビア1万トン

(大豆)
 8万7000トン(40万~60万トン)
  主な成約先…インドネシア14万4800トン ドイツ11万7500トン
  キャンセル…中国27万2300トン 仕向け地不明11万1000トン

(小麦)
 10万9000トン(50万~70万トン)

 

 大豆3月限はじり高レンジ内。輸出成約高で、中国や仕向け地不明のキャンセルが出るも、2012-13年度積みで中国が16万5000トンの大口成約が確認された事で地合いを回復。現物の高止まりにも反応。
 コーン3月限はじり高レンジ内。週末を控えた買い戻しで上げた様子。
 小麦3月限は高くもレンジ内。エジプトを含めた大口輸入国の米産小麦の買い付け確認や、米プレーン南部の降雨不足で買い戻し中心の動き。

 

 

 尚、12月24日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 金…150096枚(157781枚)
 銀…30643枚(35989枚)
 白金…38364枚(42975枚)
 パラ…17300枚(17685枚)
 原油…194707枚(182911枚)
 コーン…243642枚(284367枚)
 大豆…114613枚(137463枚)

 

 

 

 本年も本当にお疲れ様でした。次の入電は、来週月曜日になります。後3日分を吸収して国内は1月4日にスタートとなりますので気が抜けませんね。皆様が良き年をお迎え出来ます様に。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。