12月 08 2012

12月8日 米11月雇用統計と外電・海外大口投機家建玉報告

<通貨・株式>
 米11月雇用統計は下記の通り。()は事前予想。

 

 失業率・・・7.7%(7.9%)
 非農業部門雇用者数・・・14万6000人増加(8万6000人増加)

 

 事前予想を上回る非農業部門雇用者数で、NYドル市場は一時82.82円まで上げるも、12月米ミシガン大学消費者信頼感指数が74.5と4ヶ月ぶりの水準に落ち込んだ事や、べイナー米下院議長が財政協議について「報告すべき進展はない。」と発言した事で高値から押し、今週見ていた82.54円を上抜けずに頭の重い状態。
 ユーロは雇用統計の内容を見たドル高や、独連銀が2013年の経済成長率予想を6月の1.6%から0.4%に引き下げた事で下げた模様。
 ダウは高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。

 

<工業品>
 金2月限はジリ高レンジ内。この日の商品は、雇用統計を受けたドル高で下げるも、株式の上昇で下げ幅を縮小。金は前日比プラスサイド。ETFは増減なし。
 白金1月限は高くも、この日の上値抵抗を抜けずに頭の重い展開。週末を控えた買い戻しが中心だった様子。パラ3月限は高くもレンジ内。週末の中国経済発表を控えた買い戻しが中心。
 ガソリン1月限はジリ高レンジ内。下げに対する修正高となった模様。

 

<穀物>
 大豆1月限は安くもレンジ内。中国向けに11万5000トンの大口成約が発表されるも、アルゼンチンの乾燥天候による週末の利食い売りで押された模様。
 コーン3月限は安くも、この日の下値抵抗で止まった形。引き続き輸出低迷が圧迫要因。
 小麦3月限はじり安レンジ内。韓国業者が米国産コーンを2万9200トン買い付けた事に反応するも、引き続き輸出は低迷している事で下げた模様。

 

 

 

 尚、12月4日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金・・・165736枚(193742枚)
 銀・・・41272枚(37961枚)
 白金・・・38470枚(35657枚)
 パラ・・・15646枚(12986枚)
 原油・・・193833枚(137254枚)
 コーン・・・359273枚(330665枚)
 大豆・・・122819枚(120865枚)

 

 

 今週も本当にお疲れ様でした。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。