1月 10 2013

1月10日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。安倍首相が、年末半ばまでに骨太の方針を取りまとめたいとの意向を示して、日銀に対してデフレ脱却に向けて2%の物価目標を設定するよう求めて来た点をあらためて強調した事に反応。

 ユーロは安くもレンジ内。欧州危機による景気悪化懸念の強まりから早期利下げ観測が根強い事に反応。
 ダウは高くも広いレンジ内を推移。

 

<工業品>
 金2月限は安くもレンジ内。前日のドイツ銀行に続き、この日はソシエテジェネラルが金相場見通しを1800ドルから1700ドルに下方修正した事に反応。ETFは0.90トンの減少。
 白金4月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。世界的な超低金利政策による景気回復や、自動車販売の回復期待・指数ファンドの資産分配調整の買いで上げた様子。パラ3月限も高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。白金同様の材料で上昇。
 ガソリン2月限は安くもレンジ内。この日の発表された米週間在庫統計で、ガソリン在庫が増加した事や、需要低迷が圧迫要因。

 

<穀物>
 大豆3月限はじり安レンジ内。明晩発表される需給報告で、期末在庫が1.35億bu・最終生産高が29.99億buと前月農務省発表から引き上げ予想となっている事に反応するも、在庫は低水準である事から下げ幅を縮小。
 コーン3月限は高くもレンジ内。明晩発表の需給報告で、最終生産高が106.26億buと前月農務省発表から引き下げられるも、需要低迷による期末在庫情報修正観測で上値を伸ばせず。
 小麦3月限は安くもレンジ内。冬小麦の作付増加観測から、コーンとのスプレッド売が出た模様。

 

 

 本日も宜しくお願い致します。

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。