1月 29 2013

1月29日 外電と穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルはじり安。今晩から明晩まで行われるFOMCを見たレンジ内での動き。

 ユーロもじり安レンジ内。
 ダウもじり安レンジ内。

 

<工業品>
 金2月限は安くもレンジ内。FOMCと、今週末の米雇用統計を控えて模様眺めの動き。ETFは1.81トンの減少。
 白金4月限は大幅安。金の下げや、この日の発表された米中古住宅販売成約指数の低下が圧迫要因。パラ3月限はじり安レンジ内。プラチナの下げに追随。
 ガソリン3月限は高い。エネルギー会社の製油所閉鎖による供給逼迫懸念が引き続きの材料。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 2112万7000bu(800万~1500万bu)
  主な成約先…中国659.3万bu 日本563.3万bu メキシコ341.5万bu

(大豆)
 4066万7000bu(3700万~4500万bu)
  主な成約先…中国2727.9万bu ベトナム303.7万bu ポルトガル280.2万bu

(小麦)
 2228万3000bu(1300万~2100万bu)

 

 

 大豆3月限はじり高。好調な輸出成約と、南米の乾燥予報・コーンの上昇に追随。
 コーン3月限は高くもレンジ内。輸出成約の増加や、南米乾燥天候予報から買い戻しが中心。
 小麦3月限はじり高レンジ内。穀物高や、輸出検証高の好調さに反応。

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。