2月 14 2013

2月14日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルは横這い。G20を控えて金融当局者・要人発言を待った動きとなっています。

 ユーロは高くもレンジ内。ポルトガルの昨年10-12月期の失業率が、ユーロ導入以来最悪な状況だった事で上げ幅を縮小。
 ダウは安くもレンジ内。

 

<工業品>
 金4月限は安い。米国の地区連銀総裁から量的緩和の終了を示唆する発言があった事に反応。ETFは0.90トンの減少。
 白金4月限は高くもレンジ内。ジンバブエ政府が、ジンプラッツの土地を収用したとの報に反応。南ア・ロシアと比較して生産量は少ないが、供給懸念が広がっている様子。パラ3月限はジリ高。白金同様の材料で上げた模様。
 ガソリン3月限は安くもレンジ内。この日に発表された米週間在庫統計で、原油は増加・ガソリンは減少となるも、他市場の下げに追随した模様。

 

<穀物>
 大豆3月限はじり安。南米の降雨予報や、今夏の米国の増産予想で下げるも、需給報告で米国期末在庫が下方修正されている事を材料に戻した様子。
 コーン3月限はじり安レンジ内。南米の降雨予報・需要低迷で下げるも、現物の上昇に反応。
 小麦3月限はジリ高レンジ内。他商品の上げで、買い戻しが中心になった模様。

 

 

 無料会員様を募集します!!ご登録は、画面右側の「お試し会員募集中!!」をクリックして無料会員登録をどうぞ!!

 

 

 ご登録下さった方へは1週間電話でのトレード相談や、週末更新致しました週週間展望・1週間日々のコメント情報・お電話でのトレード相談をさせて頂きます!!

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。