3月 12 2013

3月12日 外電・穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルはじり高レンジ内。前週末の米2月雇用統計の内容の良さや、日銀新体制の大胆な金融緩和策への期待感で上げた模様。
 ユーロは高くもレンジ内。格付け会社フィッチから、イタリアの格付けを引き下げた事で下値を試すも、米株式市場の上昇に追随した様子。
 ダウは高く新値抜き。

<工業品>
 金4月限はじり高レンジ内。今晩から明日にかけての欧州首脳会議を控えて小動き。引き続き株式への資金流入が続き、金は盛り上がりに欠けている様子。ETFは3.31トンの減少。
 白金族はじり安レンジ内。中国の自動車販売減少に反応。
 ガソリン4月限は安くもレンジ内。夜間取引では大幅に上昇するも、複数の製油所の供給不安が払拭されて下げ幅を拡大。頭の重い状態になっています。

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

(コーン)
 1443万7000bu(1000万~1500万bu)
  主な成約先…日本434.9万bu 中国429.1万bu メキシコ245.9万bu

(大豆)
 1711万4000bu(2500万~3200万bu)
  主な成約先…インドネシア486.4万bu エジプト280.9万bu メキシコ246.7万bu

(小麦)
 2785万6000bu(1900万~2500万bu)

 大豆コーン共に高くも、もう一段高が欲しかった位置です。週末の需給報告で、期末在庫の据え置きと発表されて弱材料となった大豆は、在庫逼迫懸念で・コーンは在庫減少発表や中国・韓国の現物手当てを材料に上げた様子。

 本日も宜しくお願い致します!!  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。