3月 16 2013

3月16日 外電報告・海外大口投機家建玉状況

<通貨・株式>
 ドルは下落。3月のニューヨーク連銀製造業景気指数は事前予想を下回り、2月の米コア消費者物価指数は前月から鈍化。3月の米ミシガン大消費者信頼感指数速報値が予想外に低下した事に反応。

 ユーロは高く、今週見ていた週足レンジ下を維持して確り。来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える中、低水準なインフレが連邦準備制度理事会(FRB)に景気刺激策継続の余地を与える事となった模様。
 ダウはじり安レンジ内。

 

<工業品>
 金4月限はじり高。中国・インドの現物需要増加や、ETFの保有残高の下げ止まりによる市場心理の改善・株価の下落も強材料。ETFは増減なし。
 白金4月限・パラ6月限はじり高レンジ内。米消費者物価指数の急上昇や、米鉱工業生産指数の増加・株価の反発が買い戻しを誘った模様。
 ガソリン5月限は高くも、この日の上値抵抗を抜けずに頭の重い展開。2月の米鉱工業生産の上昇やICEブレント原油高などを好感した模様。

 

<穀物>
 大豆5月限は安くもレンジ内。2月の月間圧砕高は1億3620万buと発表され、事前予想の1億4240万buを下回った事が要因。
 コーン5月限はじり高。供給逼迫に加え、中欧産コーンから発癌性のあるカビ毒が検出された事による米国産コーンの需要期待感から買われた模様。
小麦5月限はじり安レンジ内。日々高騰にによる警戒感や、コーンに対する
割安感の解消・ロシア穀生産高見通しの上方修正・米プレーン南部の降雪・降雨で土壌水分が改善した事も圧迫要因。

 

 

 尚、3月12日現在の海外大口投機家買い越し状況は下記の通り。()は前週内容。

 

 

 金…114507枚(107587枚)
 銀…18108枚(18603枚)
 白金…38113枚(39158枚)
 パラ…27171枚(24874枚)
 原油…228195枚(235740枚)
 コーン…177632枚(159774枚)
 大豆…133574枚(123158枚)

 

 

 
 今週も本当にお疲れ様でした!! 

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。