3月 21 2013

3月21日 外電報告・石油在庫統計

<工業品>
 この日の発表された米週間石油在庫統計は下記の通り。()は事前予想。

 

 原油…131億4000バレル減少(200万バレル増加)
 ガソリン…147万6000バレル減少(200万バレル減少)
 留出油…67万2000バレル減少(100万バレル減少)

 

 

 原油は予想外の在庫減少となりましたが、製品が予想ほどの減少ではなかった事から弱材料となるも、FOMCで景気刺激策が維持された事から一気に上昇した様子。
 金4月限はじり安レンジ内。前日はキプロス問題に対する逃避買いが入ったものの、この日は株高等に反応した模様。ETFは2.71トンの増加。
 白金族は高い。キプロスの債務不履行が回避されたと楽観視された事から上昇した模様。

 

 

<穀物>
 大豆5月限は高く広いレンジ内を推移。中国最大の大豆輸入業者「サンライズグループ」が、ブラジルの船積み遅れを理由に200万トンの成約をキャンセルした事に反応。市場では輸出業者変更の可能性がある事から上昇した様子。
 コーン5月限は高い。需要回復観測に続き、米エネルギー情報局(EIA)から米週間エタノール生産を1.5%増加・在庫を1.2%減少と発表した事から上昇した模様。
 小麦5月限は高い。コーン高に追随。輸出回復期待からファンドの買い戻しが中心になった様子。

 

 

<通貨・株式>
 ドルは高い。欧州当局の早急な対応への期待感からキプロス情勢への懸念が後退した事や、日銀漢和観測・米景気回復期待で上げた模様。
 ユーロは高くもレンジ内。キプロス議会で銀行預金課税法案が否決された事で、欧州当局が新たな救済案を早急に検討する姿勢を示した事や、ECBが当面流動性供給を続けると表明した事でキプロス情勢への過度の懸念が後退した模様。
 ダウは高く確り。

 

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。