3月 06 2013

3月6日 外電報告

<通貨・株式>
 ドルはレンジ内。6-7日開催の日銀金融政策決定会合では追加緩和が見送られる見通しの中、依然としてイタリアで再選挙の可能性が高まっている事や欧州債務危機の悪化懸念で下げるも、2月の米ISM非製造業景況指数が56.0と1年ぶりの高水準となった事や、ダウの史上最高値更新で下げ幅を縮小。
 ユーロは高くも、この日の上値抵抗を抜けずにレンジ内の動き。2月のユーロ圏サービス業景気指数改定値が上方修正されたこ
とや、1月のユーロ圏小売売上高指数が前月比1.2%上昇と2009年12月以来の大幅な伸びとなるも、イタリアの政局不安・今晩から発表されるユーロ圏の昨年第4四半期GDP(前期比0.6%減少)が大幅改善される見込みはなく、景気の先行き不透明感などで上げ幅を縮小。
 ダウは高く新値抜き。

<工業品>
 金4月限はじり高レンジ内。アジア市場で、相場急落に対する現物の打診買いが入った模様。ETFは増減なし。
 白金4月限・パラ6月限は高く、この日の上値抵抗を抜いて確り。米景気拡大を示す経済統計発表が続く事や、米国株の史上最高値更新・米国の量的緩和政策の早期停止観測の後退も支援材料。
 ガソリン4月限は高く、この日の上値抵抗を抜いた形。ブレント原油相場の反発や、米製油所の季節的なメンテナンスによる生産限定や在庫減少見通しなどが好感された模様。

<穀物>
 大豆5月限はじり高レンジ内。8日の需給報告で、米国の期末在庫の事前予想平均が前回見通しの1億2500万buを下回っている事が支援材料。
 コーン5月限もじり高レンジ内。米国内陸部の現物が高止まりし、目先の供給ひ
っ迫感が広がった模様。8日の米農務省報告で、米国の期末在庫は上方修正が予想されるものの、世界期末在庫は下方修正が予想される事に反応。
 小麦5限は高くも、この日の上値抵抗を抜けずにレンジ内。コーン相場が小麦相場を上回り、逆ザヤになった事から飼料需要の代替が進むとの見方が広がった模様。

 本日も宜しくお願い致します!!
  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。