3月 07 2013

3月7日 ADP雇用統計・石油在庫統計・外電コメント

<通貨・株式>
 米ADP雇用統計の内容は下記の通り。()は事前予想。

 雇用者数:19万8000人増(17万人増)

 これを受けてドルは高い。週末発表の米2月雇用統計に対する期待が膨らんだ模様。
 ユーロは安くもレンジ内。ユーロ圏第4四半期GDPの内容が3四半期連続のマイナスマイナス成長となった事に反応。
 ダウは高く、年初来高値を更新中。

<工業品>
 EIA週間石油在庫統計増減は下記の通り。()は事前予想。

 

 原油…383万3000バレル増加(78万8000バレル増加)
 ガソリン…61万6000バレル減少(100万バレル減少)
 留出油…383万バレル減少(100万バレル減少)

 
 原油の予想以上の在庫増加で原油安。ガソリン4月限は、東海岸地区の在庫増加から利食い売りで押された模様。
 金4月限は前日比変わらず。アジア勢の現物買い底入れムードが広がるも、米株式の上昇で下げた様子。ETFは9.02トンの減少。
 白金4月限はじり安レンジ内。米ADP雇用統計の内容が良かった事や、原油の急落に反応。パラ6月限は高くもレンジ内。米株式の上昇や、経済発表の内容に良さに反応。

<穀物>
 大豆5月限はじり安レンジ内。農家の現物売りが出るも、週末の農務省発表で期末在庫引き下げ予想が見直された事や、実需買いによる現物上昇で下げ幅を縮小。
 コーン5月限は安く、広いレンジ内を推移。週末の期末在庫増加予想や、小麦の下げに反応。
 小麦5月限は大幅安。米プレーン南部の土壌水分改善に反応。

 本日も宜しくお願い致します!!  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

Post a comment

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。