3月 19 2013

3月19日 外電抵抗値

晩の外電レンジです。

 

<工業品>
 金4月限…1586.6-1609.5ドル
 白金4月限…1570.2-1597.1ドル
 パラ6月限…757.35-772.25ドル
 ガソリン5月限…上値抵抗 315.03セント

<穀物>
 大豆5月限…1378.75-1444.25セント
 コーン5月限…710-734セント
 小麦5月限…712-760セント

 

 

 今晩の外電は国内夜間取引で吸収されるとして…重要なのは明晩の外電です。

 

 

 

 本日も本当にお疲れ様でした!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

3月 19 2013

今晩の経済発表事前予想・FOMC・キプロス会議結果

 今晩の経済発表事前予想です。()は前回内容。

 

14:00
 日本景気動向指数
18:30
 英2月生産者物価指数:+1.1%(+1.4%)
    消費者物価指数:前年比+2.8%(+2.7%)
    小売物価指数:前月比+0.9%(-0.4%)
19:00
 独3月ZEW景況感指数:(+42.4)
21:30
 カナダ1月卸売売上高:前月比+0.3%(-0.9%)
 米2月住宅着工件数:91.5万件(89万件)
    建設許可件数:92.5万件(同)
  FOMC明晩まで

 

 

 キプロス問題後の英・独経済指標に注目です。又、今晩のキプロス会議の結果発表も注目です。日本時間時間の夕方以降のユーロ圏内の動きにも注意が必要!!

 

 

 

 後場も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

3月 19 2013

3月19日 注目の外電・穀物輸出検証高

<通貨・株式>
 ドルは横這い。キプロス問題に対して、「資金流出が明らかであれば、ECBが流動性を供給する」と伝えた事からリスク回避が後退し、安値から切り返した様子。

 ユーロは安くもレンジ内。ユーロ圏のキプロス救済に対して柔軟な姿勢を取った事から安値から切り返した様子。市場は今晩のキプロス議会の結果待ちとなっている様子。
 ダウは安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。

 

<工業品>
 金4月限は高くもレンジ内。キプロス問題に対する逃避買いが入った模様。ETFは3.31トンの減少。
 白金4月限は安くもレンジ内・パラ6月限は安く、この日の下値抵抗を割り込んだ形。キプロス支援に関連したユーロ圏の信用不安で下げた模様。
 ガソリン5月限は安くもレンジ内。独自材料に欠け頭の重い形。

 

<穀物>
 輸出検証高の発表がありました。()は事前予想。

 

(コーン)
 1539万9000bu(1000万~1500万bu)
  主な成約先…日本510.6万bu 中国429.2万bu メキシコ182.5万bu

(大豆)
 892万7000bu(1700万~2200万bu)
  主な成約先…中国495.2万bu メキシコ117.7万bu エジプト72.4万bu

(小麦)
 2394万7000bu(2100万~2700万bu)

 

 

 この日に発表された輸出検証高で事前予想を上回ったコーンは、引き続き中欧産のアフラトキシン検出による米国産コーンの需要期待の広がりで上昇。この日の上値抵抗を抜いてマズマズの形。
 大豆は、最近の大口成約の盛り上がりに欠ける中、この日の下値抵抗を割り込んだ状態。

 

 

 

 本日も宜しくお願い致します!!

  

↓ランキングに参加しています。下記をぽちっとクリックお願いします。↓


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 

このサイトは管理人の個人的な相場観をコメントしており、価格なども個人的なな予測です。内容が正確であるように最善は尽くしていますが、その責任については一切の責任を負うものではありません。売買は必ず御自身の判断で行ってください。